電力自由化!ソフトバンクでんきに早速申込みしてみた。

電気料金請求書

さて、先日料金プランなど詳細がリリースされた「ソフトバンクでんき」。
2016年1月28日から申込み受付が開始されていましたが、スッカリ忘れていたので慌てて昨晩申込みをしたのでレポートしてみる。(別に慌てる必要はまったくないんですけどね・・・)

関連記事

ついに本日、電力の自由化に伴って告知してきた「ソフトバンクでんき」の具体的なプランを発表しました。 ソフトバンクは東京電力と業務提携しているので、電力のおおもとは東京電力だろうから電気の提供力については問題ないでしょうけど、気[…]

ソフトバンクでんき

申込みには電気代の請求書を手元に用意する必要あり

申込みには現在の電力会社に関する情報を入力しないとイケないので、まずは請求書を手元に用意しておきましょう。
そして、ソフトバンクでんきの公式サイトにいって、「ぴったり料金診断シミュレーター」をやってみます。

電気料金simulator

たまたま手元にあったのが11月度の請求書だったので、その情報を入力してしミューションしてみたところ、私の場合は「バリュープラン」が最適みたいな感じだったので、そのプランで申し込むことに決定。

ソフトバンクでんきでどれだけ電気料金が下がるの?

電気代削減額

で、バリュープランにすると実際にどれだけ安くなるのかというと、2年間でおよそ1万590円の削減になるらしい。内訳としては電気料金として「4,330円」、Tポイントで「1,460円分」、おうち割でんきセットで「4,800円」となる。

2年間で1万ちょっとなのでたいしたコスト削減には繋がらないが・・・東京電力のままのよりはお得でしょう。

マイソフトバンクへログインしていざ申込み

現在は、ソフトバンクユーザーしか受付が出来ないので、申込みにはマイソフトバンクにログインをします。
そして、ガイダンスに従いながら、請求書に記載の「地区番号」「お客さま番号」などを入力して進めていきます。

地点番号

ただ、必須項目となっている「地点番号」についてはどこを探しても記載がされていないと思ったら、この地点番号というのは今年1月分の請求書から記載されている項目なので、まだ手元に無い場合は、未記入のままでも申込みは進められます。

データ還元かポイント還元か

そして、電気をあまり利用しなかった場合に還元される方式を「スマホ向けデータ量」にするか「Tポイント」にするかを選択して次へ進みます。私はTポイントにしました。

ソフトバンクでんき申込み完了

そして、申込み完了!
特に東京電力の解約手続きなども一切不要なので、これで知らないうちに電気料金が安くなってTポイントも増えていくんでしょうね。楽しみですっ!

ソフトバンクでんき

電気料金請求書
twitterのつぶやきチェック
>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG