3分でわかる!ソフトバンクの新料金プラン「SoftBank on LINE」とは?

ソフトバンク新プラン記者発表

NTTドコモが先駆けて発表した料金プラン「ahamo」に続いて、2020年12月22日にソフトバンクが新しい料金プラン「SoftBank on LINE」を発表しました。
そこで、約60分間にわたる記者発表会の内容を約3分でわかるようにポイントをまとめてみました。

2021年3月スタート、ソフトバンク新料金プラン発表

LINE MOBILEとはまったく違う「SoftBank on LINE」

LINE社が2021年3月にSoftBank社の100%子会社になることから、単に格安スマホ「LINE MOBILE」が「SoftBank on LINE」に変わるのかな?と思いきやまったく違いました。

SoftBank on LINE(MNO)≠ LINE MOBILE(MVNO)

「SoftBank on LINE」はソフトバンク(キャリア)が提供する通信プランであり、ソフトバンクと同一のネットワーク・通信品質になります。

「MNO」とは、いわゆるドコモ、au、ソフトバンクのような通信キャリアを指し、「MVNO」は通信キャリアから回線を借りて格安で通信サービスを提供する事業者のこと。

SoftBank on LINEの料金・特長について

ソフトバンク新料金プラン

2021年3月からスタートするこの料金プランは月額2,980円(税別)。

プランの特長としては下記の通り。

    1. 4G/5G共通
    2. LINEアプリの通信についてはノーカウント
    3. 1ヶ月20GBの通信が可能
    4. 5分以内の国内通話は無料
    5. eSIM対応
    6. オンライン専用

オンライン専用の意味は?

「SoftBank on LINE」は「オンライン」と「LINE」をかけているわけですが、前述のプラン特長で記載してある「オンライン専用」の意味は、申込みや手続き関係はすべてWebやLINE上で行うということからオンライン専用となっています。

使い慣れた「LINE」のアプリ上で手続きができるというのは非常に便利。(2021年3月提供に間に合うように現在開発中とのこと)

サポート対応もすべてオンラインとなるためショップ等での対面式対応は一切出来ないというデメリットもあり。

通話料の定額サービスはあるのか?

今回の「Softbank on LINE」にも通話オプションとして月額1,000円で国内通話がかけ放題になるとのこと。つまり、3,980円で20GBの通信、24時間かけ放題になります。

これは記者発表時には言及していませんでしたが、公式サイトには以下の様に記載されています。

1回当たり5分を超える国内通話は、20円/30秒の通話料が別途かかります。また、5分を超える国内通話も無料になる通話オプション(月額1,000円)に加入できます。一部無料対象外の通話があります。
https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2020/20201222_03/

参考

ソフトバンクでは、定額オプション+として「月々+1,800円」。
Y!mobileでは、スーパーだれとでも定額として「月々+1,000円」。

従来の「メリハリプラン」の料金について

新プラン「メリハリ無制限」

従来のプランについても2021年3月の同タイミングで値下げになります。
ポイントとしては、下記の2点。

  • 4Gなら900円値引き、5Gなら1,900円値引きでどちらも6,580円に統一
  • 「勝手に割り引き(-1,500円)」の対象利用容量が「2GB以下」から「3GB以下」に変更

手数料について

手数料0円

契約解除料、番号移行手数料、契約事務手数料すべてが「0円」ということで、かなり契約しやすくなっています。

LINE MOBILEはどうなる?

2021年3月に「SoftBank on LINE」がサービスインした時点でLINE MOBILEの新規受付は終了予定。
将来的にはSoftbank on LINEへ移行するとのこと。


新プラン「SoftBank on LINE」の通話料金について気になりますが、通話時間を5分以内で抑えられるレベルの人や、普段からLINEで通話をしているという人にとってはとてもありがたいプランと思えるのでサービスインされるのが待ち遠しい。

関連リンク

ソフトバンク公式サイトへ

LINEモバイル公式サイト

Y!mobile公式サイト

コスト・料金比較の最新記事8件