iMac Early2009をYosemite 10.10.1へアップデートしてみた



2014年11月18日にiOS8が8.1.1にアップデートされたと同時に、Mac OSの方も「10.10.1」のアップデートが公開されていました。

今回のアップデートとしてはこんな感じです。(以下アップルのサポートページから引用)

      Macの安定性、互換性、セキュリティが改善します。
      アップデートの内容は以下の通りです。
  • Wi-Fi の信頼性が向上します。

  • Microsoft Exchange サーバに接続する際の信頼性が向上します。

  • メールAppで特定のメールサービスプロバイダを通じてメッセージを送信できない問題が修正されています。

  • 「どこでも My Mac」を使ってリモートコンピュータに接続できない問題が修正されています。

  • 共有サービス、通知センターのウィジェット、アクションを使用できない場合がある問題が修正されています。

  • 通知センターの設定が再起動後に維持されないことがある問題が修正されています。

  • Mac App Store で特定のアップデートが表示されないことがある問題が修正されています。

  • 一部の Mac mini コンピュータがスリープから復帰できない問題が修正されています。

  • Time Machine に古いバックアップが表示されないことがある問題が修正されています。
  • 日本語入力ができないことがある問題が修正されています。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204017

ということで、中古で購入したiMac Early2009(既にYosemiteにアップデート済み)をYosemite v10.10.1にアップデートしてみました。

スペック的に大丈夫かなぁと思っていましたが、結構すんなりとアップデートが完了。



今のところ動作的に問題も無く、快適に動いています。良かった良かった。旧型iMacでもまだまだ現役です!

twitterのつぶやきチェック
GeekPost" width="1280" height="768" >

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。