中古のiMac Early2009のOSをMavericksへ

  • 2013年11月27日
  • 2020年1月21日
  • Mac

iMac(Late2006)はMavericksにできるのか?で、結局できなかったので1ヶ月間悩み抜いてiMacを購入することに。

ただ、新品のMacを購入する予算も無いので家内稟議が通るはずもなく・・・ということで奥さんを説得してなんとか4万円以内で中古を買うことで稟議が通った。

Macっていうだけで中古でも値段が跳ね上がる!

ところが、中古といえどもなかなか4万円以下の使えそうなMacって無いんですよね。
WindowsPCなら楽勝であるのに、結構古い型のMacでも人気があるためか高い。。。

秋葉原の中古店を見ても大体が4万円台。3万円台があってもなにかしら問題あり。
ということで、Yahoo!オークションで安めの「iMac」「Mac mini」を片っ端から
ウオッチリストへ。

でもやっぱり落札終了間際になると値段が高くなって予算オーバーということが1週間ほど続きました。

ついに見つけた「iMac Early2009」モデル

と、あきらめた頃についに落札終了直前で「32,800円」のiMacを発見!!!

10分前に「ポチッ」っと入札。その後の10分間は長く感じましたね。
誰も入札してくるなぁ!と祈った結果、無事落札!

4-5年前のiMac Early2009モデルではありますが、現在持っているiMacがLate2006で、そこそこ快適なことを考えると3世代も新しいので、メモリの増設やHDDをSSDに換装してあげればケッコーイケるんじゃ無かろうか?って思ってます。

imac2009

結局、送料と消費税を加算されて「36,230円」となりましたが、予算内なのでOK!
落札から2日後に納品されました。

いざ、Mavericksをインストール!

さて、念願の「OS X Mavericks」をダウンロード。前回のようにAppStoreではじかれることもなく、問題なくインストールが完了!しっかりと「10.9」と表示されてます。

mavericks

※メモリが6GBとなっていますが、購入時は4GBでした。

ところがである、このMavericksを実際に使用してみると・・・

「あれ???なんか重たい。。しかもフリーズ連発!」

Late2006では「Lion」ですが、こんなフリーズは経験したことがない。
なぜこんなに動作が重いんだ?

たしか「Mavericks」では圧縮メモリ機能によって「MountainLion」よりも1.4倍速くなるって書いてたはずなんだけど。。。。

この原因は次回の記事で。↓これ。

関連記事

「iMacが欲しい!」っつってヤフオクで買ったiMac Early2009ですが、iMac Early2009のOSをMavericksへで記事にしたとおり、なぜかフリーズしたり、レインボーカーソルが頻繁に出るようになったので、なん[…]

imac-Early2009