Macbookのキズ付いたディスプレイをコンパウンドで磨いてみた。

  • 2022å¹´1月22日
  • 2022å¹´1月22日
  • Mac

傷ついたMacbookディスプレイ

前回、カメラレンズをガラス用コンパウンドで磨いたところ、結構キレイになったので今回は傷ついたMacbookのディスプレイを磨いてみようと思う。

上の写真ではちょっとわかりにくいので、拡大してみると・・・

Macbookディスプレイの傷

こんな感じで、白っぽく汚れのような傷のようなものがたくさん付いていて、クロスで拭いても全然落ちません。

そこで前回同様、3M(スリーエム)のガラス磨きを使ってこの傷を消してみたいと思います。

Macbookの傷を消してみる

まずは前回の失敗を活かして、ディスプレイ周辺を養生テープでしっかりとカバーします。これで、コンパウンドのカスが隙間に埋もれてしまうのを防ぎます。

Macbookにコンパウンドを垂らす

そして、コンパウンドをディスプレイに数滴垂らす。

ディスプレイをポリッシャーで磨く

続いてポリッシャーで磨く。最初のうちは慣れるまでチカラを入れずにムラ無く磨いていきます。

霧吹きで拭き取る

磨き終わったら、霧吹きで水を拭きかけて拭き取りやすくします。

ディスプレイについたコンパウンドを拭き取る

そして、キレイな布で(私の場合はマイクロファイバータオルを利用しました)拭き取ります。

この作業を何度も繰り返していき、満足いくレベルまで磨きます。

Macbookの傷ついたディスプレイを磨いた後

そして、磨き終わった後はこんな感じに!さっきまで目立っていた傷が完璧に無くなりました!!!
しかも鏡面仕上げをしたみたいにめちゃくちゃキレイなディスプレイに変身しました。

正常動作するMacbook

ポリッシャーの強い振動で、Macbookが壊れるんじゃ無いかと思いましたが、そんなことはなく正常に動き、ディスプレイもキレイに表示されています。

大切に使っているMacbookのディスプレイに気になるキズがある場合は、ガラス用コンパウンドで磨くのもありですね。(あくまでも自己責任でですが・・・)

Macの最新記事8件