旧型iMacをたった2万円で快適化にした4つのステップ

imac-Early2009

「iMacが欲しい!」っつってヤフオクで買ったiMac Early2009ですが、iMac Early2009のOSをMavericksへで記事にしたとおり、なぜかフリーズしたり、レインボーカーソルが頻繁に出るようになったので、なんとかあまりお金をかけずに快適化できないかやってみた。

まずはMavericksのメモリ使用量を調べてみた

Mavericksのレビューをみるとかなり快適に利用できている人が多いみたいで「なんで、このiMacはおっせーんだ。」って思い。まずはメモリについて調べて見た。

imacメモリ使用量

で、アクティビティモニタを見てみるとこんな感じですね。
いまいち見方が分からんが、使用済みメモリが4GB中、3.99GBも使われています。
しかもメモリ圧縮は0バイト。。。

ちなみにですが、もう一台の古いiMac(2006)でLIONを動かしていますがメモリの使用量はこんな感じです。

imac2006メモリ

見た感じ、LIONの方がメモリを消費して無く、余裕で動いてんじゃねーの?って見えますよね。

そして、ググってMacがクソ重い時に行うとよい5つの対処方法。を参考にし、特に4.アクセス権を修復するに期待を持ちながらやってみるもあまり効果が出ず。

ということで、ハード的な問題なのかなという結論に。

4GBから6GBへメモリの増設を試してみる

ハード的に即効性のあるものはやっぱりメモリでしょ!ということでメモリ増設を検討。

iMac Early2009のメモリは2GB+2GBの合計4GBというのが初期構成となっていて、最大で8GBまで対応している。一気に8GBにしたかったのだが、奥さんからの承諾を得るのが難しいため、4GBのメモリに交換し、2GB+4GBの6GBという構成にしてみた。

IRAM4GB増設

秋葉原のソフマップMacCollection館の定員に勧められて購入したのがコレ。
価格は4,980円(税込)。

imacメモリ交換

早速、iMac本体の下側を開いて、メモリを交換。この時、メモリを抜き出すときは写真に移っている黒いテープ状のものを結構強めに引っ張らないと取り出せないので注意が必要です。

システム情報

無事6GBと認識されたので、これでサクサクイケるんじゃね?
と思ったのだが・・・・これでもレインボーカーソルが頻発。。。。

ちなみにメモリ使用状況はこんな感じ。

メモリ6GBの状況

今度は前回よりも圧縮容量が大きくはなったが、ほとんど効果が見えず。

メモリ増量をMAXの8GBまで増設してみた

メモリ6GBではあまり効果が見えなかったため、なんとか奥さんを説得し、再度同じメモリ4GBを購入してきた。

さすがに合計8GBのメモリとなるとサクサク感がでてきますね。

メモリ8gbのアクティビティ

仮想メモリがなぜか物理メモリを超えた8.98GBに増えちゃってます。
このメモリ状況の見方が未だによく分かっていないのですが、当初のメモリの2倍ですからね、良くならない方がおかしいですよね。

ところが、サクサク感はでてきたもののレインボーカーソルがまだ出てくるんです。
アプリケーションを切り替えて文字を入力しようとすると大概でてきます。

こうなると、もうメモリ以外のところを考えないとダメっすね。

ハードディスクを1TBのSSHDに交換してみる

めっちゃくちゃ早くするにはSSD(Solid State Drive)にするのが一番ですが、高いんですよね。1万円だしても128GBくらいですから。。。

私はiMac上でWindowsも平行して起動しているので、128GBの容量ではあまりにも少なすぎるんです。

そこで見つけたのが、SSHD(Solid State Hybride Drive)というやつ。
これはSSDとHDDを一緒にしたハイブリッドのハードディスクらしく、OS起動やアプリ起動時にはSSDを使い、データ保存する場合はHDDといった感じで用途によって領域を使い分けるものらしい。

SSDの恩恵があるのは主にアプリなどの起動時なので、実際はSSDの容量というのはそんなに大きくなくても良いらしい。なのでSSHDというのは安価に提供されているようです。

1TBのSSHD

ということで、Amazonでやっすいやつを探しSeaGate社のSSHD(1TB)をポチりました。価格は1TBでなんと9,999円(税込)!安いですよね。

iMacの場合、HDDの交換はちょっと面倒な作業となり、結構時間がかかりましたが「Mac(Early2009)24インチモデルのSSD換装」を参考にさせてもらい、無事終了。参考にしたサイトは現在閉鎖しているため、下記の記事にまとめております。
//geekpost.jp/imac2009-speedup-review/

macでWindows

Mac OS上でWindows7もサクサク!なぜか仮想環境のWindowsの方がめちゃくちゃ早い気がします。

これでなんとか納得いくレベルまでいけました。といってもレインボーカーソルはたまに出てきますけどね。まぁ、そもそも5年以上も前の中古PCですから、ここまで動けば満足です。

かかった費用は2万円弱!

小遣いが少ないという状況の中、ちょっとづつ購入したので2ヶ月間かかりましたが8GBのメモリと1TBのSSHDを揃えるのに2万円弱っていうのには驚きですね。

個人的な感想ですが、旧型のiMacの場合、MavericksというよりもLionの方が最適なのかもしれません。Lionの時はレインボーカーソルなんて出てなかったですから。
ムリしてMavericksにしなくても良かったかな。。。

【更新】
と言いながら、Lionに戻すのでは無く、MavericksからYosemiteへアップデートを試してみるのであった。

関連記事

2014年11月18日にiOS8が8.1.1にアップデートされたと同時に、Mac OSの方も「10.10.1」のアップデートが公開されていました。 今回のアップデートとしてはこんな感じです。(以下アップルのサポートページから引[…]

yosemiteアップデート

imac-Early2009
twitterのつぶやきチェック
     

           

あわせて読みたい!

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG