2GBのデータ通信量なんてあっという間!どのアプリが通信量が多いのか?

  • 2015年4月17日
  • 2020年1月22日
  • アプリ

2GB通信なんてあっという間

Xperia Z3に機種変更をしたタイミングでソフトバンクの料金体系を見直したが、あれから2ヶ月が経過しちょっと難あり状態になので記事にしてみようと思う。

通話し放題プラン
こんな感じで、通話し放題プランなので通話に関しては気兼ねなくガンガン電話をしまくっている状況なのだが、問題はデータ通信量2GBというプラン。

契約前までは2GBっつっても結構イケちゃうんじゃないかと思っていたのだが・・・
これがそうでもないっていうのが分かりました。

2GB通信

だいたい2週間くらいで通信速度の制限が入るレベルになっちゃうんです。
そうなるともうダメです。一応データ通信はできることはできるんだが、
通信速度が遅い!とにかく遅い!クソ遅いっ!

特にスマホアプリをヘビーに使っているわけじゃ無いんですけど。
自宅にいるときは自宅のWifiに接続し、その他はもちろんLTE通信なのだが、往復の通勤時間の約90分、仕事の合間にちょこっと触るレベルなのに・・・

ということで一体なんのアプリがどれだけデータ通信をしているのかを調べてみた。

データ通信量が大きいアプリトップ10

では実際にどのアプリがどれだけ通信しているのか調べてみる。(期間は4月1日~4月14日の2週間)
「設定」-「データ使用」で確認できるのでみなさんも調べてみては?

アプリのデータ通信量

    1. SmartNews 458MB
    2. Facebook 274MB
    3. Google Playストア 188MB
    4. Chrome 174MB
    5. YouTube 104MB
    6. Google Play開発者サービス 65.24MB
    7. Twitter 64.09MB
    8. Yahoo!ファイナンス 52.18MB
    9. Gmail 32.57MB
    10. LINE 18.86MB

この10アプリだけで「1.43GB」もパケット通信をしちゃってます。しかも、意外なことに一番データ通信をしているのは「SmartNews」という驚きの結果です。

SmartNewsはサクサクとニュースを見れるので便利なのですが、私のように2GB制限があったり、格安SIMを利用している人にとってはちょっと辛いですね。

2GB制限を超えるとどうなるのか?

まず、もうちょっとで2GB超えるよーって時にソフトバンクからメッセージが届きます。

データ通信メッセージ

こんな感じで。そして、もっと快適に通信したいなら「1,000円/1GB」で追加購入しなさいと。。。。。

もう通信各社は通話料で儲けるんじゃ無くて通信量で儲けるビジネスモデルなんですね。

で、2GBを超えると・・・

通信速度低速化

画面上部に「>>>」マークが付いて通信速度の制限(最大128kbps)がかかり、クソ遅いデータ通信に切り替わります。

通信速度制限後の実行スピードを測定してみた。

実際に速度計測したところ、なんとあまりにも遅すぎて「ネットワーク通信の問題」となり測定不能になるケースが何度かあります。



結果としては60kbps~90kbpsといったところでとにかく遅いです。

ただ!アップロード速度については制限はされていないようで高速通信は維持されているようです。なのでFacebookなどのSNSアプリで写真をアップするといったことは問題ないですね。

ですが、基本的にダウンロード速度がここまで遅くなるととてもじゃないですがこの状態で使い続けるのは非常にストレスがかかります。

こうなると以前記事にしたPocket WiFi(格安SIM)を使ってXperia Z3を
接続するようにしています。が、この格安SIMの通信速度も正直イマイチなんです。。。

結局アプリを快適に利用していこうと思ったら、毎月4GB以上は必要なのかもしれませんね。

2GB通信なんてあっという間
twitterのつぶやきチェック
     

           

あわせて読みたい!

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG