写真などのデータを高速で同期・バックアップするオンラインストレージサービスはどれかを比較実験してみた!

  • 2013年2月12日
  • 2020年1月21日
  • アプリ

image

iPhoneやスマホで撮影した写真データを自動でバックアップしてくれたり、パソコンのデータを常にサーバーと同期を取るオンラインストレージサービス、みなさん使っていますか?

代表的なオンラインストレージとして代表的なのは、以下の4サービスかと思います。

サービス名称 開発元 無料の容量
icloud iCloud Apple 5GB
dropbox Dropbox Dropbox 2GB
Googleドライブ Googleドライブ Google 15GB
onedrive OneDrive マイクロソフト 5GB

※2016年6月現在

私の場合、上記のオンラインストレージはすべて利用していて用途によって使い分けているのだが、時々「あれ????」って感じることがある。それは、「データが同期・バックアップされていない!」と勘違いしてしまうくらいサーバーとの同期のタイミングが遅いときがあるのだ。

例えば、スマホで写真を撮った後にパソコン側でその写真を確認しようとしても表示されない、スクリーンショットを保存しても他のPCで同期できていないと言った具合である。

そして、しばらくしてから確認するとようやくバックアップされた写真やデータがパソコン側でも見れるという感じ。そこで今回は、この4つのサービスでどれが一番早くデータをバックアップし、同期ができているのかを比較実験をしてみた。

どのオンラインストレージが一番早くバックアップするのか比較

比較方法としては、スマホで撮影した写真データがパソコン上にファイルとして同期される時間、Macbookで撮影したスクリーンショットがiMacのパソコンにも同期される時間を計測してみた。

Dropbox同期速度

オンラインストレージ スマホで撮影したデータ スクリーンショットデータ
iCloud 5分強 12秒
Dropbox 10秒 5秒
Googleドライブ 6.8秒 5.5秒
OneDrive 13秒 7秒

実験結果としては、スマホの画像データを同期する場合は「Googleドライブ」が最速で、スクリーンショットのデータの場合は「Dropbox」という結果が出ました。もちろん、これはあくまでも私の通信環境による比較結果なので全員が同じ結果になるわけでは無いです。

個人的には、同期・バックアップ速度が安定しているのはDropboxかと思う。なので、パソコン間で即座にデータのやりとりを行おうと考える場合はDropboxを頻繁に利用しています。

twitterのつぶやきチェック
>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG