「note」は単なるSNSアプリでは無く、簡単にマネタイズできるアプリなのだ。

noteアプリ

最近ブロガーの中で話題となっているアプリ「note(ノート)」。

文章、写真、イラスト、音楽、映像を手軽に投稿・閲覧できるアプリ

と説明があり、ちょっとしたSNS的なアプリの印象を持つ「note」、着実にユーザー数を増やしている感があります。

なぜ「note」が話題となっているのか?

実はコレ、自分が作成したコンテンツを手軽に販売することができる機能を持っているんです。つまり決済システムを持ったアプリなのです。だから、プロブロガーが自分のコンテンツを手軽に販売するためにnoteを利用しているのです。

例えば、ブロガー界でも超有名な「イケダハヤト」さんのブログをみていくと、

イケダハヤトnote

こんな感じで、noteへと誘導しています。ということはブログの続きを見たいと思った読者は必然的にnoteユーザーになっていくわけです。

最近では多くのブロガーさんがコンテンツをnoteの決済システムを利用して有料化しているので急激にユーザー数を獲得してきています。このnoteは、SNSの機能がメインなのでは無く、自分で作った小説や動画、音声などデータ化されたものを販売することができるっていうのが最大の特長なのです。

noteの気になる疑問(FAQ)

noteのWEBサイトにある「よくある質問」から抜粋していきます。

    1. 料金設定について
      1. コンテンツの料金は100円〜10,000円の範囲内で投稿者が自由に設定可能
    2. 購読者の支払い方法は?
      1. クレジットカードと携帯キャリアの決済を利用してコンテンツ購入が可能
    3. コンテンツ販売の際に引かれる手数料は?
      1. 売上金額から決済手数料を引いた額の10%がnoteの利用手数料
    4. 決済手数料は?
      1. クレジットカードの場合は売上の5%、携帯キャリア決済は売上の15%
    5. いつ振り込まれるの?
      1. 前月末時点での売上金額が1,000円以上の場合、月末に振込(振込手数料260円が引かれる)

例えば、2月に自分のコンテンツを200円で販売し50人が購入した場合、売上金額は10,000円。(購入者全員が携帯キャリア決済を利用したとして)決済手数料は1,500円、note手数料が850円、振込手数料が260円となり、全て差し引いた金額7,390円が3月末に入金されるといった感じです。

ちょっと前まではLINEスタンプを自作して販売するというビジネスが話題で、私も挑戦し撃沈したわけですがw、今回のnoteも一応チャレンジをしてみようと思います。

関連記事

企画物としてやってきたラインスタンプへの道。 前回ようやくLINEスタンプが承認され、販売を開始しました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://geekpost.jp/line-stamp[…]

とりあえずはnoteに会員登録しておこう!

自分の持っているノウハウや経験(体験談)などをコンテンツにしちゃえばnoteを利用して販売することが可能なので、いつでも販売できるように会員登録だけは行っておきましょう。

まずは、noteアプリをインストール。

 

アンドロイドOSはこちら→note(ノート)ダウンロード

note会員登録

アプリのインストールが完了したら、あとは一般的な登録の流れなので迷わずに出来ると思います。さぁ、あとは販売できるようなコンテンツを作成するだけです。

noteアプリ
twitterのつぶやきチェック
>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG