今話題の全自動家計簿アプリ「マネーフォワード」を使ってみたのでレビュー!

Appstoreファイナンス(無料)で1位を獲得した「マネーフォワード」。
PCのWEBサービスもあり、スマホやiPadと連携がとれる家計簿アプリってことで早速マネーフォワードをダウンロードし、1週間ほど使ってみた評価をしてみたいと思う。
マネーフォワード

口座登録で勝手に費目を設定して家計簿を自動作成

マネーフォワードは金融機関1,317社に対応しているのでほとんどの銀行などに対応してて、自分の保有している口座情報を登録すれば、あとは取引記録を取得するとマネーフォワード側が勝手に色々と計算して費目などを設定してくれるので自分であれこれと考えながら家計簿を作っていくという面倒くさい作業が一切ないってのが◎です。

マネーフォワード

最初の口座登録だけ面倒ではあるが、それができちゃえばあとは楽ちん。

現金支払いだけはどうしても手入力が必要ですが、クレジットカードや電子マネーでの支払い、口座引落については全て自動で家計簿を付けてくれるのでこんなに楽ならいつも三日坊主で終わる私でも長続きしそうです。

マネーフォワード

Amazon・モバイルSuica・携帯料金とも連携可

スゲー!って思ったのはECサイトのAmazonやモバイルSuicaなどと連携するってこと。例えば、Amazonで購入した履歴を自動取得してきて、その金額と支出金額が同じ項目を自動でマッチングさせて費目や明細まで勝手に入力されるようになっています。

マネーフォワード

また、モバイルSuicaのデータ(利用駅)まで明細に反映させちゃいます。スゴイっすよね。
ほとんど手入力がないんですよ。
(モバイルSuicaのデータは前日までのデータが反映されるようです。)

その他「ドコモ」「au」「ソフトバンク」のWEBサービスとも連携してるので、毎月の携帯料金を表示させ、過去の料金比較を見ることができるのにはかなり驚きました。

携帯料金推移

↑これはマネーフォワードのPC画面ですが、スマホアプリでも同様に携帯料金の過去比較ができます。

細かい作業はWEB上でやれば苦にならない

スマホのマネーフォワード上では、昼間に利用した現金払いを手入力だけするようにしておいて、あとの面倒くさい作業や確認事項などはPCを使ってマネーフォワードログイン画面からログインして行うって感じが一番ラクチンです。

ただ、WEBの動作がモッサリというかレスポンスが悪いのでちょっとストレスが・・・。無料なのでガマンですかね。(現在は改善されています。)

ReceReco(レシレコ)とも連携しているのでて入力さえ面倒な人にはレシレコを使ってレシートをパシャパシャ撮影するだけでほぼ家計簿は完成するんじゃないでしょうか。(今のところレシレコはiOSのみのアプリですのでAndroidスマホでは使えないっす。)

マネーフォワードを使い出してから1週間になりますが、作業自体は完全に楽ですね。ちょっとした修正作業などをWEBで行っているので無理なく続けられそうです。

過去いくつもの家計簿アプリを購入しては、長続きしないという私でしたがこの「マネーフォワード」は続きそうです。しかも無料ですから最高です。

マネーフォワードを利用するには下記の公式サイトから会員登録が必要です。
facebook、Google+、Yahoo!アカウントがあれば、クリックだけで
簡単に登録ができちゃいます
ので是非お試しあれ!

twitterのつぶやきチェック
     

           

あわせて読みたい!

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG