EvernoteとOneNoteの違いについて比較してみた。

bsC812_moromiejyanaika

アイデアメモアプリとして過去に記事にした「Evernote」と「OneNote」。
この二つはどちらも優越付けがたいくらい優秀なアプリだと思う。

関連記事

象のマークでお馴染み「Evernote(エバーノート)」、このクラウドツールを使っている人は多いはず。クラウドサービスと言えば、DropboxやSugarsync、Yahooボックスなど、最近ではAmazonでもデータの保管場所とし[…]

evernoteは最強
関連記事

アイデアやメモなどを管理するには、「Evernote」がめちゃくちゃ便利でこれ以外のアプリは考えられないという感じでしたが・・・ 今回、Microsoft「OneNote(ワンノート)」がiPad向けにアップデートしたことでアイデアメ[…]

アイデアメモonenote

私個人の利用方法としては、どちらもスゴすぎるアプリなので、どっちかひとつに絞って利用するのでは無く、用途に応じてそれぞれのアプリを利用している。

どちらも使いやすいアプリなので「Evernote」と「OneNote」どちらか一つに絞り込むのは実に勿体ないのである。

なので、それぞれの長所を活かした形で利用していくことでビジネスパーソンの作業効率は飛躍的にアップするのじゃ無いだろうか。

EvernoteとOneNoteの長所ってなに?

EvernoteとOnenote比較

まずEvernoteを長年使ってきて感じることは、検索機能がめちゃくちゃ便利ということ。

(あっ、ちなみにこれから書くことはあくまでも私個人の見解なのでご了承を)

  • ちょっとこの記事、Evernoteに保存しておこう
  • スクリーンショットをとっておこう
  • 請求書データや給与明細、レシートなどはスキャンして保存しておこう

などといった感じでEvernoteに保存しておけば、あとはデータの中身をOCR化してテキストデータを埋め込んだ形でクラウドに保存されている。

だから、思い出したときにテキストで検索をすれば、一瞬で探し当てることができるのだ。その他、「タグ付け」が可能なので一つ一つのデータに関連するキーワードを埋め込んでおけば、タグによる検索も可能になる。

が、一つ一つのデータにタグ付けをするのは面倒なので私は一切やっていない。

とにかく、保存しておきたい情報についてはすべてEvernoteに保存しておけばいつでもアプリを使って探し出すことが出来るって言うのが最高なのだ。

まるで散らかし放題の部屋の中から探し物をスパッと見つけてくれる感じ。

なので「整理整頓」という概念がまったく要らない、ズボラな私にうってつけのアプリである。

一方、「OneNote」はちょっと違っていて、テーマに沿って情報をまとめていくことに強いイメージがある。

OneNoteの特長

例えば、「商談議事録」というノートブックを作成し、取引先毎にタブを作成して、その取引先に関する情報をすべてそのタブ内のページに追加していくといった使い方だ。

これは会社のキャビネットに近いイメージですかね。きっちりと仕分けされて整理整頓してある感じです。

Evernoteは四次元ポケット、OneNoteはアイデアマップ的存在

前述の通り、Evernoteにはなんでもかんでも必要だと思った情報は整理整頓という考えを持たず保管するメモアプリと個人的に位置づけしています。

ドラえもんがあの四次元ポケットから目的のアイテムをいとも簡単に探し出すような感じですね。

そして、OneNoteはテーマに沿って、画像や記事、テキストなどなど関連しているものをメモをしていくので、頭の中が徐々に整理されていきます。

なので、何か「このアイデアについてちょっと具体的に何かしたい」と思ったらそのアイデアに関する情報をOneNoteでまとめあげていき、今後どうしたら良いのかを頭の中で整理していきます。

いわゆるアイデアマップ的なアプリです。

おそらく、もっと効率的にこの2つのアプリを使いこなしている人は多いと思うので、ズボラな私でも長続きしそうな便利な使い方があったらぜひ教えてくださいまし。

twitterのつぶやきチェック

           

関連記事

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG