Xperia Zシリーズ「Lollipopへアップデート!」の誤解

  • 2015年1月7日
  • 2020年1月22日
  • android

ces2015

2015年1月5日に開催されたCES 2015(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)にてソニーが素晴らしい発表をしました!

Xperia Zシリーズ全機種にAndroid 5.0 Lollipopアップデートを2月に提供する

2年前に発売された「Xperia Z」も含めたZシリーズ全機種がロリポップを使えるようになるというのは驚きです。

Android5.0 Lollipopとは

「Lollipop(ロリポップ)」とはOSのコードネームになっていて、例えば、Android4.4では「KitKat」、4.1~4.3までは「Jelly Bean」という風にコードネームを付けられている。

そして、今回のバージョン5.0では「Loliipop」となるのである。

新機能としては

    1. Windowsの様に複数のアカウントを作成し端末を共有できる
    2. 通知機能の強化
    3. バッテリーセーバー機能の搭載
    4. 複数のAndroid端末との同期

などなど。

詳しくはandroidの公式ページをご覧下さい。

LollipopにアップデートされることでiOSに近づいた機能もあれば、iOSを超える機能も搭載されるのでAndroidユーザーにとってはアップデートが待ち遠しいはず。

通常、Android OSをアップデートするのはGoogleのリファレンスモデルである「Nexus」が最優先され、その他の機種はなかなかアップデートされないという状況でしたが、XperiaのOSがこんなにも早くアップデートされるっつーのは異例のことなんじゃないでしょうかね。

国内のXperia Zシリーズはアップデート対象外!!

ここで注意しなければならないのは、Xperia Zシリーズ全機種と言っても対象となるのはグローバルモデルのみということ。

日本国内の通信キャリア(ドコモ・SoftBank・au)から発売されているXperia Zシリーズについては対象外なので、キャリアからのアップデート配信待ちとなる。

キャリアとしては最新のOSを簡単に公開しちゃうと、新機種が売れなくなるからなかなかアップデートなんてしないかもしれませんね。

Xperia Z2 Tabletを持っている私としてはぬか喜びのニュースでした。。。

ces2015
twitterのつぶやきチェック

           

関連記事

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG