Sidecar機能でMacbookとiPadのデュアルディスプレイ!出張時やプレゼン時でも重宝!

  • 2019年11月13日
  • 2020年1月20日
  • Mac

Sidecarでデュアルディスプレイ環境

今回、2-3日だけの帰省予定だったのが延びに延びて、1週間となってしまいました。なので実家で仕事をたっぷりとやらなければならず・・・

以前まで使ってたMacbook(12インチ)では、Sidecarが利用できないため、新しくMacbook Airを購入し、iPad Airを利用してデュアルディスプレイ環境で仕事をしました。

さすがに自宅の27インチiMacのように快適な環境では無いですが、MacbookとiPadの環境でも充分作業効率は高まっています。

このSidecarは無線接続でデュアルディスプレイ化しているため、ケーブルレスっていうのがホントに便利ですね。なので、出張先のホテルなどにとらわれず、営業先でプレゼンをするときにもこの機能は役立ちそうです。

ただ、この時にiPhoneからAirDropで画像データなどを送信する際には、どちらのOSも最新バージョンにアップデートしておかないとエラーになってしまうので注意が必要ですね。

(私の場合、iOS 13.2.2よりも古いバージョンで利用していたため、AirDropが使えませんでした)

Sidecarでデュアルディスプレイ環境
twitterのつぶやきチェック
     

           

あわせて読みたい!

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG