Macのメモリ最適化アプリ「ライトクリーナー」が超絶便利すぎ!

  • 2015年6月16日
  • 2020年1月21日
  • Mac

トレンドマイクロライトクリーナー

以前記事にしたとおり、HDDとメモリを替えたことで快適に動くようになった私のMacではありますが、やはり時間の経過と共に動作はモッサリとなってきた。

関連記事

「iMacが欲しい!」っつってヤフオクで買ったiMac Early2009ですが、iMac Early2009のOSをMavericksへで記事にしたとおり、なぜかフリーズしたり、レインボーカーソルが頻繁に出るようになったので、なん[…]

imac-Early2009

そこで見つけたのが、メモリの最適化をしてくれる「ライトクリーナー(旧商品名「Dr.Cleaner」)」がかなり便利だったのでレビューしてみる。

トレンドマイクロのライトクリーナーでメモリ解放して動作がサクサク

ライトクリーナーは、あの「ウイルスバスター」で有名なトレンドマイクロが開発したアプリ。(以前までは「Dr.Cleaner」という名称で無料配布していたのだが、現在では「ライトクリーナー」として有料販売(600円現在は1200円)となっています)セキュリティソフトはメモリの使用率が高く、いかにしてメモリに負荷をかけずに軽快に動作させていくかがとても重要なポイントになってくるのでこういったメモリ最適化ツールを開発したんじゃ無いでしょうかね。

アクティビティモニタとあわせて動作を確認してみる

ライトクリーナーをインストールすると、上部にメモリ使用率が表示され、それをクリックすると下の様に「最適化ボタン」が表示されます。

dr.Cleanerレビュー

一応、アクティビティモニタを隣に表示させ、現在のメモリ使用量を表示させてみた。

結構驚いたことに、「ATOK」(日本語入力ソフト)のメモリ使用量がめっちゃくちゃ多いっ!どうりで日本語変換の際にもたつく感じがあると思いました。
ATOKをやめればもうちょっと快適になるんだろうが・・・このFEPをやめると文字入力がとんでもなく効率が悪くなるので止められない。。。。。

ちょっと脱線しましたが、Dr.Cleanerのメモリを「最適化」してみると、

dr.cleanerレビュー

なんと、メモリ使用率98%から83%まで落とすことに成功しています。アクティビティモニタ上だと、上位をしめるアプリのメモリ使用量はほぼ変わって
ないが、ここに映っていないアプリのメモリが削減され、動作の方もキビキビ動くようになります。

ちょっとするとまたメモリ使用率が99%まであがるのだが、都度、最適化してあげることで快適なレスポンスに戻ってくれます。

私のようにちょっと古めのMacを利用している人はぜひライトクリーナーをお試しください。