LINEスタンプを販売してから約1ヶ月。その販売実績は?

スタンプ実売公開

企画物としてやってきたラインスタンプへの道
前回ようやくLINEスタンプが承認され、販売を開始しました。

関連記事

2015年4月からスタートした「LINEスタンプへの道」。 ついにこの時がやってきました。 本日17時11分にそのメールは届いた! そう、Line Creators Marketからの運命のメールである。 メール[…]

はやいものでもうすぐ1ヶ月が経過しようとしています。ここで一体どれだけ売れたのか販売実績を発表してみたいと思う。

驚愕の販売実績を公開!

まず、LINEスタンプが売れると一体いくら自分に入るのかを説明します。

LINEの公式サイトによれば、1個120円で販売されると、そこから30%分のAppleのAppStoreとGoogle Playの手数料的なものが差し引かれ、それに対しての50%が分配金となります。

ただ、日本国内に居住する個人が販売を行った場合、源泉所得税として10.21%が差し引かれます。(法人の場合は0%)

単純計算でいくと120円/個で売ると37.71円となるのだが、管理画面上で見ると1個売れると「31円」と表示されています。(おそらく細かい計算をするとそうなるんでしょう。。。)

さて、これをふまえて6月2日から販売を開始したLINEクリエイターズスタンプの実績を公開してみます。

スタンプ販売推移

こんな感じです。(泣)

なんと351円という驚きの結果・・・・・31円で割ると11.3個販売されたということです。

販売初日は私が家族のために購入し、その後、妻のお姉さんや実兄が購入してくれたので、把握している販売数は5本分。ということは6本分くらい純粋に販売された数値になります。
マジで泣けてきます・・・

分配金は1000円以上から受け取れます。

以前までは分配金が1万円以上になった時点で振込申請ができるようでしたが、現在では1000円以上で可能になっています。

振込申請の流れとしてはこんな感じです。

    1. 末締め翌月10日前後に分配金確定メールが届く
    2. 振込申請を実行(1000円以上)
    3. 申請日から45日以内に振り込まれる

となるので、6月1日に販売開始したとして、最短で振り込まれるのは8月24日付近。(販売開始から85日後)

私の場合はまだ1000円にも行ってないので振込申請すらできないっすけどね。

twitterのつぶやきチェック

           

関連記事

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG