LINEスタンプ完成!いざ、クリエイターズスタンプへ登録

top

前回、1個のスタンプを作るのに約30分ほど時間がかかっていましたが
慣れてくればだいたい1個10分程度で出来るようになりました。

朝晩の通勤時間中に満員電車の中で、つり革を持たずにセコセコと
スタンプの縁取り、色塗りを。(周りからはちょっと怪しい人に見られてたかも。。。)

なんと通勤時間中の作業だけで、木曜日の晩にスタンプ40個作成できました!
これで終わりではなく、最終工程があるんですけどね。

画伯(ムスメ)からまさかのリジェクト

LINEスタンプを販売するには審査を通す必要があるのだが、この審査段階でLINE側から
差し戻しになることを「リジェクト」という。
(直訳すると「拒絶する」「却下する」「拒否する」といった意味。)

愛猫をモデルに高校1年生のムスメが書いた原画の通り、なぞって作成したスタンプを
審査に通す前に・・・画伯に見せてみたところ・・まさかのリジェクト。

娘:「これヒゲないじゃん。だからダメ」

私:「だって原画に描いてなかったじゃん。忠実に描いたぞっ!」

娘:「これは猫だからヒゲあるに決まってんじゃん!原画になくっても
   フツー考えたら分かるっしょっ!」

娘:「はい、やりなおし!」

まさかのリジェクト(泣)
それから一杯指摘を受けることに。。。なんかコダワリがあるみたい。

で、描き直しを行い、無事に画伯の審査は通過w

最終工程は背景を透過させる作業。
普通、PNG形式で保存できるアプリの場合、背景に色が付いていないと透明にする機能が
ついているのだが、私が利用した「Sketchbook EXPRESS」にはそれがなかったので、
一旦パソコン上で背景を指定して透過させました。

で、できあがったのがこちら。

stamplist

このスタンプのメイン画像とトークルーム向けのちっちゃい画像を作成して合計42個を
作ってホントに完成!

LINEスタンプのリクエストを実行

全てのデータが揃ったら、クリエイターズスタンプの管理画面へログインして
データを入力していきます。

スクリーンショット 2015-05-16 11.17.40

英語での説明文をかかないといけないらしいので、色々翻訳サービスを駆使した上、
めっちゃ簡単な説明文にしましたw

スクリーンショット 2015-05-16 11.16.50

画像の登録はZIPファイルで一気に登録することも可能みたいだが、私の場合は
順番を気にしながら1個づつアップロードを。

これで最後に「リクエスト」ボタンをクリックして審査に入ってもらいます。
噂によるとここから数ヶ月間(2〜3ヶ月)待つようなので気長に待つこととします。

スタンプ作成期間まとめ

    1. 娘の原画作成期間:3日間
    2. スタンプのデータ化作業:約9時間
    3. スタンプの背景透過作業:約3時間

だいたい4日間フルフルで頑張ればスタンプは出来上がるって事ですね。
でも私の場合、原画ができあがってからの放置期間があまりにも長すぎたので
完成までおよそ2ヶ月以上かかっちゃいました。。。

さて、あとはLINE側からのリジェクトが無いことを祈ります!

LINEスタンプ完成
twitterのつぶやきチェック
>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG