結局iPadだけでパソコンのように仕事をこなせるのか?長年iPadを使い続けてきた私の結論。

iOSの進化に伴ってiPadをパソコンのように操ることが出来るようになってきました。

例えば、Bluetoothのマウスやキーボードを利用してiPadを操作したり、ファイル管理が出来るようになったり等。

ここまで来ると高額なMacBookを購入せずともiPadを持ち歩いていれば何処でも仕事ができるんじゃないかと考えてしまいます。iPadのセルラー版を購入すれば、通信だって出来るからむしろMacBookよりも便利になるのではないかと。

実際に私も出張時に、敢えてMacBookを持たずにiPadだけで行ってみたりと試してみましたが、結局は「MacBookがあればなぁ」となってしまい、iPadのみで全ての作業をするのは逆に非効率になるという結論づけをしました。

勿論、作業内容によってはiPadだけで簡単に完結させることは可能なので、そういったときにiPadはかなり重宝しますが、パソコンのようにマルチに活躍できる代物ではないです。(あくまでも私個人の意見です)

なので、出張の時はMacBookとiPadの2台持ちする事にしています。

iPadを仕事で使うには割り切りがとても大事

iPadはホームボタンを押せば即起動、アプリのアイコンをタップすればすぐに作業が出来るという機動性がとても優れているので、ちょっとした調べ物やスケジュール、メールの確認、移動中の電子書籍として等、活躍するシーンは幅広いです。

ただ、iPad単体だけでパソコンのように全てこなそうとするのにはどうしても限界があります。例えば、業務で利用しているアプリがiPadには存在していない、もしあったとしてもiPad用のアプリでは機能が簡易版になっている、などなど。

そこでなんとかiPadだけでできないかと考えるのですが、このなんとかしようとするのが一番のストレスになってしまうんです。なので、「iPadはパソコンのようには使えない」と割り切ってMacbookとiPadの2台持ちにするという考えにいたることで気分的にめちゃくちゃ楽になります。

ただ、どうしても「重さ」という点で苦労してしまいます。

iPad ProとSmart Keyboard、そしてマウスをあわせた重量は、811.5gと1キロを切るほどの軽量っぷり。

一方、Macbook Air単体の重量は1.3kgと重い。これにiPad Pro本体とケースの重さを入れると約2kg超と結構な重さになってしまいます。(上の写真では2kg以上は計測不可のため、Macbook Airのみで計測)

この2kg超の重ささえ妥協できれば、出張ライフは快適になります。

iPadが仕事で活躍するシーン

実際に私がiPadを業務上で多用するのは商談やミーティング時。

ApplePencilを利用することで、iPadは完全に手帳になります。OneNoteアプリを使えば、メモした内容はWindowsでもMacでも同期が可能なのでオフィスに戻ればデスクトップ上で商談内容を再確認が出来るようになります。

関連記事

システム手帳のようにiPadを使いたい!せっかく買った「iPad」「iPad mini」を有効活用出来ていない人も多くはないと思います。ただ単にネットサーフィンやメールチェックをしたり、電子書籍をみるだけにとどまっていて[…]

また、Mac OSのSidecar機能を利用すればiPadはサブディスプレイにし、デュアルモニター化。ホテルに戻ってゆっくりとデュアルディスプレイで作業を行う。これはかなり作業効率が上がります。

また、商談時にこのSidecar機能を利用して、自分はMacBookの画面、対面する商談相手に対してはiPadの画面を見せてプレゼンをしています。iPadがサブディスプレイになることで、プロジェクター不要になるのでめちゃくちゃ便利。(もちろん少人数での商談時に限りますが)

ということで私にとってiPadはMacbookの補完約として活用するようにしています。

twitterのつぶやきチェック
GeekPost" width="1280" height="768" >

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。