iPhoneの操作画面をMac上で簡単に動画録画する方法

  • 2014年12月7日
  • 2020年1月22日
  • Mac

Mac OS Yosemiteでは簡単にiPhoneやiPadの画面を簡単に録画することが可能になりました。

今回はその方法について解説します。

Quick Time Playerで簡単録画!

(前提としてiPhoneもしくはiPadをMacとケーブルで接続されている必要があります。)
まずはYosemiteに最初からインストールされている「Quick Time Player」を起動します。

quicktime

次に「ファイル」-「新規ムービー収録」をクリックします。

Quicktime新規ファイル

すると、Macの内蔵iSightが起動して映像が映るようになるので、
録画ボタン(赤い丸ボタン)の右側にある「↓」下向きのマークをクリック。

quicktime録画

iPhoneやiPadが接続されていれば、カメラおよびマイクの入力ソース
として選択することができるようになります。

Quicktime入力ソース切り替え

入力ソースをiPhoneやiPadに設定すれば、Macの画面上にきちんとiPhone・iPadの画面が映し出されますので、あとは録画ボタンで録画を開始し録画されたファイルを保存するだけ。(保存形式は.movのみです。)

できあがったムービーはこんな感じです↓。



ね、簡単でしょ。このムービーをあとは動画編集ソフト(iMovie)などでピクチャーインピクチャーの機能を使って動画に埋め込めばプロ並みの動画編集を行うことができるんじゃないですかね。

Androidの画面も録画できるのか?やってみた

同じような流れで、Androidスマホを接続した状態でQuick Time Playerでやってみましたが、入力ソース切換でスマホは認識されていませんでした。

Androidの場合はまた別の方法で録画するしかないようですね。

iPhoneの画面録画方法
twitterのつぶやきチェック
     

           

あわせて読みたい!

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG