MacでiPhoneにかかってきた電話をとるための設定方法

  • 2014年11月24日
  • 2020年1月22日
  • Mac

Mac OS Xが「Yosemite」にアップデートされ、iPhoneとの連携機能が強化されました。
その一つとして、iPhoneの通信回線を利用して、Mac OS上から電話を受けたり、発信
したりするっていう機能が搭載されました。



ただ、この機能は単純に同じアカウント(appleID)を設定していれば良いってもんじゃ無い。
何も設定がされていないと・・・



こんな感じで、「利用不可」「iPhoneがMacで通話を発信できるように設定されていません。」
とエラーメッセージが出てきます。

YosemiteとiPhoneを連携させる設定方法

iPhoneに着信があった際にMac上で通話する場合、またはMac上からiPhoneの回線を
利用して電話を発信する場合には、iPhone側の「FaceTime」を設定する必要が
あります。

※また、大前提として、MacとiPhoneは同一ネットワーク上に存在する必要があるので
iPhone側はWifiをONにしておかなければなりませんのでご注意を!

FaceTimeの設定



まず、iPhoneの「設定」−「FaceTime」を開きます。
ここで「iPhoneでの通話」をONにしたいのだが・・・これをONにしても、
「モバイルデータ通信回線を利用できません」とメッセージが表示されるので、
赤枠内の「FaceTimeにApple IDを使用」をタップします。



すると数秒後には、「Apple ID:******」と言った感じでApple IDが水色の
文字でアクティブになり、同時に「iPhoneでの通話」もONになります。

するとMac(Yosemite)側には、



こんな感じで、「FaceTimeに設定されました」と設定完了のメッセージが表示されます。
これで、YosemiteとiPhoneとの連携設定は完了です。めちゃ簡単でしょ。

では、実際にiPhoneへ電話をかけてみましょう。



はい、Yosemite側に着信画面が表示され、「応答」を押したらきちんとMac上で
通話することができるようになりました!

twitterのつぶやきチェック
GeekPost" width="1280" height="768" >

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。