格安簡易クーラーを作ってみた!続編〜ドライアイスはどうだっ!?

クーラーボックスにダイソーで購入した保冷剤を入れたら格安クーラーができるって
ことで先日実験をしてみましたが、、、残念ながら期待したほどの効果は体感できま
せんでした。。。

関連記事

もうすぐクソ暑い夏がやってきて、エアコンでキンキンに冷やす季節がやってきましたね。この時期に気になるのはなんと言っても「電気代」。どうにかして、電気代を抑えて快適に涼しくするかが課題となります。 最近、twitterやFace[…]

そこで、先日ダイエーに行った時にふと目に入ったステキなもの。

ダイエーのドライアイス

それは「ドライアイス」。
これを先日のクーラーボックスに入れたらどうなるんだろう?と実験したくなったので早速、ドライアイスをビニール袋に詰め込んで自宅へソッコーで帰る。

この猛暑の中、ドライアイスは自宅に帰るまで溶けずに残るんだろうかとも思ったがなんとか自宅まで持ちました。(ドライアイスって氷と違って溶けても水滴はいっさいでないんですね。)

いざ、ドライアイスをクーラーボックスへ!

クーラーボックスとドライアイス

はい、こんな感じでパラパラっとドライアイスを投入!これだけでは私のイメージとは違ったので、少量の「水」をドライアイスの上へぶっかけてみる。

ドライアイスに水

すると、冷気が「ぶわぁー」って広がってる感じがします。
そうです、コレですコレコレ。まさに「夜のヒットパレード」的な演出。

ドライアイスとクーラーボックス

クーラーボックスは前回、両脇に穴を開けちゃったのでこんな感じです。

サーキュレーターとクーラーボックス

そして、サーキュレーターを後ろに設置してスイッチオン!

クーラーボックスとドライアイス

うーん、風は来るが・・・・・

冷気が来ない。というかあっという間にドライアイスから冷気が無くなった。

今回も大失敗!ドライアイスもだめだったか。

やっぱりドライアイスでもクーラーとしては使えないようです。
というか、よくよく調べてみたら、ドライアイスって二酸化炭素を固体化したものだから水をかけて冷気を出すと「CO2」が排出されて大量にやりすぎるととんでもないことになってしまうことも考えられるらしい。

命がけでクーラー実験をするよりもやっぱり普通にエアコン付けた方が良いですね。

twitterのつぶやきチェック
>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG