格安SIMのXperia J1とZシリーズ(3/4/5)と仕様比較をしてみた。

  • 2016年1月26日
  • 2020年1月22日
  • android

XperiaJ1 Compact

Xperiaと言えば、各通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から販売がされている「Zシリーズ」が主流ではあるが、なんと格安SIM向けのXperiaも実はSo-net(ソネット)社から販売されていました。

さすがソニーの100%子会社だからできることですかね。

ということで今回は、J1は買いなのかどうか、Zシリーズと比較をしてみます。

「J1 Compact」と「Z3/4/5」の仕様比較

Xperia J1 Xperia Z5 Xperia Z4 Xperia Z3
サイズ(mm) 約 幅65×高さ128×厚さ約9.7 約 幅72×高さ146×厚さ7.3 約 幅72×高さ146×厚さ6.9 約 幅73×高さ147×厚さ7.4
重量 約138g 約154g 約144g 約154g
Android OS 4.4 5.1 5.0 4.4
CPU Snapdragon 800
2.2GHz
(クアッドコア)
MSM8994
2.0GHz/1.5GHz
(オクタコア)
MSM8994 2.0GHz
(クアッドコア)+
1.5GHz(クアッドコア)
MSM8974AC 2.5GHz
(クアッドコア)
ディスプレイ 約4.3インチ 約5.2インチ 約5.2インチ 約5.2インチ
メモリ ROM:16GB
RAM:2GB
ROM:32GB
RAM:3GB
ROM:32GB
RAM:3GB
ROM:32GB
RAM:3GB
バッテリー 2,300mAh 2,900mAh 2,930mAh 3,100mAh
端末価格 54,805円 88,320円 81,120円 69,120円

全体的にはやはりXperia Zシリーズと比べると廉価版という感じですが、コスト面を重視するとこのレベルでも問題はなさそうですね。

LTE通信も可能だしおサイフケータイにも対応

「Xperia J1」は廉価版的なスペックではあるものの、Zシリーズと同等の機能が当然のように搭載されています。
■主な機能

    1. 防水・防塵
    2. 高性能カメラ機能
    3. テザリング機能
    4. DLNA対応
    5. おサイフケータイ

結構機能面では盛りだくさんではありますが、決定的に違う点とすれば「テレビ機能」が無いという点です。(個人的には「テレビ」いざという時に役立つ機能だと思っているのでココは外せないポイントなので正直J1は無しです)

格安SIMならではのランニングコスト

さすが格安SIMというだけあって月々のコストはめちゃ安い。
「端末料金+通信料金」で3,888円と激安ですよ。

しかも最低利用期間は1年と短めで、仮に1年以内に解約をしたとしても違約金は他の3大キャリアと違って約半分の5,200円で済んじゃいます。

ということで、「テレビは別に不要だ」「低コストでXperiaを使ってみたい」という人にとってはめちゃくちゃおすすめな機種かと思います。

詳しくは下記のSo-net公式サイトをご覧ください。

【LTE SIM+Xperiaセット】

XperiaJ1 Compact
twitterのつぶやきチェック
     

           

あわせて読みたい!

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG