デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!

  • 2015年3月29日
  • 2020年1月21日
  • グッズ

署名

「デキる人っていうのは、我々一般ピーポーとは全然違うなぁ。」と感じることが取引先との会食時にありました。

その会食相手は某企業の社長さんで、日本とアメリカに自分の会社を持ち世界展開をしている人です。

ビジネス的な考えはもちろんのこと、私生活についてもただ単純にスゲーなぁと感じてしまいます。その人の一つを尊敬してしまうと、ちょっとした仕草もカッコ良く見えてくるから不思議です。

見たことも無い自分だけのサインがカッコイイ!

panorama画像

先日行った、汐留の高層ビル最上階にあるお店での出来事です。
(その社長さんが連れて行ってくれる店は、私の視野をいつも広げてくれます。)

会食が終わる頃に、店員さんにクレジットカードを渡し伝票へのサインを求められその社長さんが書いたサインは、とても解読できないカッコいいサイン。

で、「それ、なんて書いたんですか?」とアホみたいに聞いてみた。(サインを求められているんだから自分の名前に決まってるのにね。)

「もちろん、自分の名前だよ。」と当然の回答。(そりゃそーだ。)

アメリカでは、印鑑という文化が無く自分の署名が印鑑代わりになるため、独自のサインを書くようになるらしい。国内でもそのサインは通用している。

私がクレジットカードで買い物をした際に書く汚い字のサインと比べて、その社長のサインはとにかくカッコ良かった。(多分読み取れないからカッコ良く見えるのかも知れない。)

ビジネス的なところは今後マネしていくとして、、、まずはこのサインの書き方については今すぐにでもマネができそうだ!

ということでソッコーでググってみた。

すると、あるじゃないですか、おもしろいサービスが!?
お名前をお洒落なサインに、プロがデザインする美しいマイサイン。

実用性が高くビジネス業務書類向けのオリジナルサイン!

私が見つけた「署名ドットコム」はテレビなどのメディアで色々と取り上げられている
らしく、今後どんどんと有名になっていくんじゃないですかね。

で、肝心のサインですが、どんなサインをデザインしてくれるかっていうと、

original署名

こんなカッコイイサインです。全く読めません。。。これは「佐藤 直人」という名前らしいです。めっちゃカッコいいっすよね。

私が選んだコースは8,000円(税別)でそんなに高くもないですが、最高プランの48,000円の「9点プレミアセット」であればサインスタンプやサイン入り名刺などが付いてくるので、新社会人へのお祝い品として贈るのもアリですね。我がムスコが社会人になる時にはコレをプレゼントしてみようと思う。

これで一歩、デキるビジネスマンに近づけるかな。(中身が一番重要だけどねwww)

大人の持ち物、プロがデザインする世界に一つだけの美しいマイサイン。