IP電話アプリで格安通話を実現させるブラステルはどうだ!?

以前「050plusアプリの通話音質はクソなのか検証してみた」で記事にした通り、NTTコミュニケーションズが提供している050plusの通話音質はとても良いとは言えないものでした。今回は、実際に私の会社でも導入しているIP電話サービスのブラステルについて紹介をしたいと思います。

ブラステルのIP通話音質は優秀でしかもローコスト

私の会社で導入している電話はブラステル(Brastel)という通信会社が提供している「Basix(ベーシックス)」というIPビジネスフォンサービスです。このサービスが非常に通話品質が良く、コストがNTTと比較するとめちゃくちゃ抑えられるんです。

しかも、個人に割り当てられた050番号はパソコンやiPhone、スマートフォン、iPadのアプリ上で利用することが可能なのでネットワークにさえ繋がっていれば会社の番号(050番号)で電話の発着信が可能なんです。外出していても会社の電話を受けられるって意外と便利ですよ。

050plusアプリの音質が良いなんていうレビュー記事をみますが、ブラステルのBasixを使ったIP電話の音質に慣れている私からしてみれば、やはり050plusの音質はかなり劣って感じますね。

ブラステルが提供する個人向けIP電話サービス

前述のBasixという050番号を使ったIP電話サービスはビジネス向けなので、どちらかというと個人事業主、起業したての方、零細企業の方向けのサービスです。

では個人でこのブラステルのIP電話を利用するにはどうしたら良いのか?

ブラステルでは個人向けのサービスとして、ブラステルカードというサービスを行なっているのでこれを購入することで格安通話を実現できるのです。

ブラステルカードはコンビニで手に入る!

このブラステルカードは意外にもコンビニで手に入れることが可能なんです。

ブラステルカード

ということで、近くのファミリーマートでこのブラステルカードを貰って来ました。ブラステルカード自体は無料なので何枚でも手に入りますが、このカードを有効化するためには、もちろんお金を払わないといけません。(2,000円)

ブラステルカード裏面

ブラステルカードの裏面には、スクラッチ部分が2箇所あり、それを削るとアクセスコード(USER IDとPINコード)とパスワードが記載されています。

ブラステルカード裏面

で、これを有効化するためにはコンビニに設置されているFamiポートなどの機械で申込券を発券し、レジで2,000円を払うことで2,000円のIP通話ができるカードに変身するのです。

IP電話の2,000円分っていったら相当使えます。

ちなみに、ブラステルの通話料金は日本国内の固定電話であれば3分8.4円、携帯電話への通話であれば1分18.4円という激安料金なので・・・・・通話先が固定電話の場合は約714分(約11.9時間)、携帯電話の場合は約108分(1.8時間)の通話が可能になります。

各社の通話料金比較の通り、携帯電話へかけた場合は30秒21円なのでブラステルカードを利用すれば半分以下に通話料金を抑えることが可能になります!

このブラステルカードを使うとIP電話を利用して通話料金を劇的に安くすることが可能なのだが、、、、こんな疑問が出てくる。

  • 050番号が取得できるのか
  • そうでなければ相手先への番号通知はどうなるのか
  • IP電話アプリは何を使うのか
  • で、ブラステルのホームページを散々探したがその辺の説明があまりないので全然わからんのです。ということで、この疑問をブラステルのサポートセンターに細かく聞いてみたのでブラステルカードの3つの疑問を解決を御覧下さい。

    【ブラステルに関する最新記事】
    050IP電話アプリ「ブラステル」を使ってみたのでレビュー!

    IP電話のブラステル
    twitterのつぶやきチェック
    >GeekPost

    GeekPost

    SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

    CTR IMG