XPERIA Z3の側面はキズ付きやすい!ケース選びは慎重に!

ZEROケース

先日購入した「XPERIA Z3」にガラスフィルムをつけて表面については問題なくガードできるようになったので安心していたのだが、今度は側面部分が気になりだしてきたので、またまたヨドバシカメラでXPERIA Z3用のケースを買ってきたのでレビューしてみる。

購入したのは「ZERO ULTRA SLIM CASE(ハードケース)」。これにした決め手は・・・

    1. 超極薄0.60mmならではの驚異的な透明感
    2. 硬くて丈夫なポリカーボネート素材採用
    3. 傷つきにくいUVコーティング済

上記3点がポイントでしたが、最も決め手になったのは「超極薄」ってところ。

XPERIA Z3の良さは背面の美しさってこともあるので、この美しさを失わないためにもこの超極薄っていうのは私に響きましたね。

ということで早速レビューしてみましょう!

XPERIA Z3の側面はキズつきやすい!

xperia_z3

まず、レビューの前に・・・

実はこの「ZERO ULTRA SLIM CASE」を購入するきっかけとなったのは、この側面部分のキズ!おそらくポケットの中に一緒に入れていたカギがぶつかって付いたんだろうが、この傷を見たときは軽くショックを受けましたね。。。

XPERIA Z3ユーザーさんはディスプレイだけで無く、側面部分も保護することにも気をつけた方が良いですよ!

超極薄のZERO ULTRA SLIM CASE

ZEROケース

このケースを実際に持たないとわからないのだが、ペラッペラです。
とにかく軽すぎ。正直、こんな薄っぺらなケースで2千円近くの価格って高くね?っていうのが第一印象。

ZEROケース

これがケースを付けたXPERIA Z3の背面。
側面部分のmicroSDカード部分はカバーで覆われるためケースを付けた状態では取り出しは出来ない。

ZEROケース

こちらが表面。

パッケージに「純正卓上ホルダ対応」と書いてあるとおり、卓上ホルダ部分は覆われてないので「マグネットアダプタ」も問題なく付けられます。

で、ケースに「バンカーリング」を付けた状態でXPERIA Z3を持ってみると・・・超極薄というだけあって、ケースによる重みも感じられず、ホントに素のXPERIA Z3を持っている感じがします。

無駄金を払ったという残念な結果に

ZEROケース

これを見れば分かるとおり、肝心なところが保護されていません。。。。。。。

本来の目的であるキズが付いた側面部分(上部と下部)をカバーしたいっていう目的が果たせないんです。

ZEROケース

しかも、ケースの角の部分を指でちょこっとずらすと、簡単にケースが剥がれます。この「ZERO ULTRA SLIM CASE」の評価としては最低評価です。まるで「BUNKER LINK」を購入したときのように後悔しちゃってます。

ケースというのは実際にものを見て、触って、納得した上で購入という流れが理想的なのだがなかなか店頭でケースの見本を全て確認するというのは難しいっすよね。(あの天下のヨドバシカメラでも、全種類のケースを確認できるレベルでは無い。)

ということはパッケージ、もしくはWEBで情報をしっかりと確認してから購入することが重要なので、パッケージの見た目で判断しちゃうと今回のようにムダ金を払うことになるので注意が必要っす。

ということで、今度は慎重にXPERIA Z3のケースを選んでみます。(今度はバンパーケースを中心に探そうと思います。)

ZEROケース
twitterのつぶやきチェック

           

関連記事

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG