パスコードロック(暗証番号)の桁数は増やせる!

想像してみて下さい。

    1. iPhoneやiPadをテーブルに置き忘れたりしたら・・・
    2. トイレに行っている隙に社内の人に勝手にいじられたら・・・
    3. 家に置き忘れたまま、会社に出勤して家族に中身を見られたら・・・

当たり前ですが、他人に自分の端末の中身を見られるのって嫌ですよね。

メールの中身や、誰と交流があるのか、銀行のアプリなどがあったら勝手にログインされたり、WEBの履歴を全部見られたり、または勝手に電話されちゃったり。そこで必要なのが「パスコードロック」。

パスコードロック

暗証番号は簡単に想像されちゃいます。

iOSのパスコードロックは、初期状態だと4桁表示なのでそのまま利用している人が圧倒的だと思います。iOSだと、6回入力ミスをすると

「iPhone(iPad)は使用出来ません。1分後にもう一度お試し下さい。」

と時間的なロックもかかってきます。

さらに入力ミスをすると、今度は数時間のロックがかかるため、全く関係のない赤の他人が触ろうとした場合、4桁のパスワードを解除するのは至難の業でしょう。

ということで、iOSのパスコードロックはかなり強力なセキュリティだと思います。

ただ、それが交流のある人だった場合、誕生日や電話番号などを推測して解除するのは意外と簡単だったりします。

4桁以上になると考えるのを止める

前述の通り、4桁だとある程度想像がつくため、何パターンか考えていくが、これが4桁よりも上となってくるともう流石に思考は停止してしまいます。

また、電車内でパスコードを入力をしていている場面を見られたとしても4桁以上の暗証番号を一瞬で覚えるのは不可能に近いのではないでしょうか。

前置きが長くなりましたが、ということで・・iPhoneやiPadでのパスコードロックの桁数を増やす方法を解説します。

パスコードロックの強化

設定方法は、「設定」画面を開き、「一般」をタップして「簡単なパスコード」をオフにするだけ。

これで、桁数を増やせます。試したところ10桁のパスコードロックも可能になりました。

パスコードロックの桁数を増やすと、画面を開くのに面倒くさい作業にはなってしまいますが紛失時や置き忘れた際に他人に勝手に操作され、大事なデータをのぞき見されるよりはましなんじゃないでしょうか。

パスコードロックは4桁だけじゃない。
twitterのつぶやきチェック
>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG