FLET’Sミルエネで電気代を可視化・節電!

我が家では昨年の2012年8月から電気代を可視化する「ミルエネ」を導入しています。ミルエネとはNTTのFLET’Sが提供しているサービスで機器をレンタル契約すれば月額420円で家庭内の使用電力を調べることができる節電につながるサービスです。

ミルエネは猛暑の夏場に重宝する!

7月後半からエアコンを使い出す家庭が多いかと思うが、毎月電気代が心配になりますよね。

「今月の電気代は相当かかりそうだ・・・」
「いったいいくらになるんだろうか???」

など、電力会社から請求書がこないといくらかがわからないという状況をミルエネを使うことで「今の電気代はいくら」が分かります。

ミルエネで細かいデータを見ることが可能

前述のとおり2012年8月から導入したミルエネですが、このミルエネを特に意識しだすのはエアコンをガンガン利用する夏場と暖房機器を利用する冬場である。(それ以外の春・秋の季節はほとんど見ない。。。)

電気代の見え方はこんな感じである。

ミルエネ月別

ミルエネにログインをするとこのような感じで使用電力がすぐに表示されます。上記は月別の使用電力である。緑色が昨年の実績で、オレンジ色が今年の実績。

※昨年12月が極端に少ないが、これは計測機器の電池がなくなったのに気づいてなかったためちょっとしか測定できていなかったのである。。。

ミルエネ日別

これは日々の使用電力の比較。やはり7月に比べると8月は毎日上回っているのがわかります。このデータを見て、節電するにはどうするかを考えます。

ミルエネ時間別

今度は時間別で比較してみて、いつの時間帯が電気代がかかっているのかがわかります。なので、昨日よりも上回っている時間帯の電気代を抑えるようにすれば自然と電気代が安くなっていきます。

ミルエネで他の家との電気代を比較

ミルエネ電気代比較

「全体」「地域別」「間取り別」「家族構成別」の4パターンで他人との電気代を比較することが可能になります。

ミルエネを導入すれば電気代が必ず安くなるわけではないが、節電意識が高くなるため、結果的に電気代が安くなるというわけである。

ミルエネの導入は簡単。でももうそんな必要はなくなりました。。

このミルエネを利用するためにはFLET’S光の契約が必須となります。なので通信回線契約が別会社の場合は乗り換えをしないといけません。FLET’S光の契約をして、インターネットの環境が整ったらあとはミルエネを申し込み、機器が届いたら設置するだけである。

ミルエネ機器の設置・設定方法については以前記事にしたミルエネで節電対策!フレッツ光で節電対策【設定方法の解説】を見ていただければ簡単にできるかと思います。

ただ、最近(2015年以降)では電力計のスマートメーターが普及し、各社電力会社の無料サービスとして電力利用料などがWEB上で確認できるようになっていますので、もう「ミルエネ」を導入する必要は一切なくなりました。。。

関連記事

さて、以前何度か記事にしたことのあるNTTのサービス「フレッツ・ミルエネ」。これを導入することで家庭の電気料金がリアルタイムで確認できて月々の電気代を確認することが可能になる。 電気料金を見える化することで節電意識が高くなると[…]

グラフ
ミルエネで節電
twitterのつぶやきチェック
>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG