保護フィルムの貼り方|気泡が入らないプロ並みの方法とは

せっかく購入したiPhone5、androidスマートフォン,iPadなどのタブレット、どうせなら綺麗に使って行きたいですよね。そこでまっさきに購入するアクセサリーというと、ケースもしくは保護フィルムじゃないでしょうか。

ケースはカチッ、カチッっとデバイス本体に付けるだけなので特に問題ないけども保護フィルムだけは誰もが苦戦しますよね。私もそうです。保護フィルムの貼り方が悪いと気泡が入ってしまい、イライラしてどうしていいのかわからず、最終的には妥協してしまうというケースに陥ります。

最近では「気泡が絶対はいらない保護フィルム!」なんてアピールしている保護フィルムもありますが、あれはダメですね。以前iPadを購入した時にその保護フィルムを試しましたが、確かに気泡は入らないんだけど、フィルムが宙に浮いている感じがして綺麗なディスプレイを堪能することが出来ないんです。

あれは絶対買っちゃダメです。あれはなんかお金を無駄にしてしまった感じです。

保護フィルムに気泡の入らない貼り方

hiisanjpさんが、YouTubeに「プロが教えるiPhone5保護フィルムの貼り方」をアップしていましたのでまずはこちらを御覧ください。


保護フィルムの天敵は「ホコリ」!

保護フィルムを貼る際に、ほとんどの方がこの「ホコリ」に苦戦した経験ありますよね。動画では、紙のガムテープでペタペタとほこりをとっていますが、ホコリが無ければもっと楽に、そして綺麗に保護フィルムを貼ることが可能になります。

保護フィルムはホコリの無い環境を作れば問題は解決!
どうすれば良いのか貼り方をお教えしましょう!

それはお風呂場でちょっと熱いシャワーを数十秒流し、少しだけ湯気が出るようにするんです。あまりやり過ぎますと水滴が今度は悪影響になりますのでちょっとだけで良いです。

そしたら、ホコリはほとんど無い状態になりますので、浴槽のフタの上などで、上記動画の貼り方を参考にしながら保護フィルムを貼るととても綺麗に貼ることができますよ。

ぜひお試しあれ!

twitterのつぶやきチェック
GeekPost" width="1280" height="768" >

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。