地下鉄でスマホを無くしたっ!手元に戻ってくるまでの行動まとめ(備忘録)

  • 2016年1月10日
  • 2020年7月27日
  • 雑記

地下鉄構内

「あれっ?スマホが無いっ!」 アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

週末に明治神宮へ初詣に行ったときのこと。
銀座線から千代田線に乗り換えて「明治神宮前」駅で改札を出て、5分程度してからスマホがポケットから落ちたことに気づいた。新年早々、なんてツイてないんだ。。。。

結局翌日には私の手元にXperia Z3が戻ってきたのだが、その時の行動履歴を備忘録としてまとめてみる。

電源が切られたら位置検索、遠隔操作は使えない

こういう時に役立つのが位置検索。

iPhoneだと、「iPhoneを探す」を有効にしてあればiCloud上で探すことが可能だし、アンドロイドスマホであれば、以前紹介したカスペルスキーなどのセキュリティアプリやGoogleのAndroidデバイスマネージャーをインストールしていれば利用することが可能なので結構安心。

関連記事

先日のセキュリティソフト「カスペルスキー」のレビュー続編です。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://geekpost.jp/kaspersky-mac-review/] Windows[…]

カスペのAndroidレビュー

ところが、この位置検索をする場合の問題点はスマホの電源がオンになっていることが大前提の話。

なので、電源が入っていることを確認するため奥さんのiPhoneから私のXperiaへ電話をしてもらうが、「電源が切られているか電波の届かないところにいます」とアナウンスがされる。その後も何度か電話してみるが同じ。
ということで、この位置情報を検索することは断念。

改札口の窓口より駅事務室の方が丁寧な対応

位置情報を検索することができないとなると、次にどうしたらよいか?

まず、スマホの中には重要なデータが入っているが、セキュリティを強化しているため、悪意のある第三者にとられたとしても閲覧されることは無いだろうと考えた。

その上で、今度はスマホをどこで落としたか?を考えた。改札を出てから落としたとすれば地面に落ちた際に結構な音がでるから確実に気づくはずだから、電車の中で落とした可能性が高い。恐らく車内で座っていた際にポケットからスルッと落ちたのだろうと。

そうなると、今、駅に戻ったとしてもスマホが届いている可能性は限りなく低い。(届けられているとしても他の駅のはず)

ということで、初詣の帰りに駅に確認すればイイだろうとお気楽に考えてみる。

そして初詣の帰りに改札口の窓口へ行ってみるが、乗降の多い駅となると窓口も忙しいので、スマホを無くしたと言っても親身に考えてくれない。忘れ物が届く総合案内所の連絡先を教えてくれるだけなのであまり期待しない方が良いだろう。

次に向かったのは、駅の「事務室(忘れ物取扱所)」。ここはめちゃくちゃ必死に対応してくれるし、改札の窓口と違って、お客の行列が出来ないので安心して相談ができる。

今回は銀座線から千代田線に乗り換えたため、銀座線・千代田線の終着駅もしくは落とし物が届いてそうな駅へ確認をとってもらったがスマホの落とし物はないという回答が。。。

ただ、担当者によると「東京メトロでは届けられたスマホは必ず電源を切った状態で保管する」ということを教えてくれた。私のスマホへ何度電話しても繋がらないということはメトロのどこかで保管されている可能性が高いと言うこと。この情報を聞けただけでちょっとだけ安心。

翌日以降は「お忘れ物総合取扱所」に集約

紛失したことに気づいた当日の対応窓口は駅事務室なのだが、その翌日以降はすべて飯田橋にある総合取扱所に集められるらしい。

東京メトロお忘れ物総合取扱所
電話 03-5227-5741 (営業時間 9:00〜20:00)
東京メトロお客さまセンター
電話 0120-104106 (営業時間 9:00〜20:00)

翌朝、窓口へ電話をしてみるがなかなか繋がらない。繋がらないというかコール音は鳴るのだが出てくれないため、根気よく何度も電話してみるとようやく繋がった。

ここの電話対応はとても親切。スマホの特徴を説明したところ「おそらくこれかと思うスマホがあります。」と回答があったので、これでひと安心。

飯田橋駅までの往復切符代は無料になります(メトロ限定)

ということで、Xperia Z3を受取に東京メトロお忘れ物総合取扱所へ向かうことに。

img001

場所は飯田橋駅構内になるのだが、そこまでの往復の交通費は無料になると言うことを聞いていたので、飯田橋駅改札で「忘れ物を取りに来た」と伝えて「遺失物引取払戻証」を受け取る。(そこまでの切符代は立て替える必要あり)

そして場所を確認して窓口に向かうのだが・・・

img002

「B2s出口左側」と聞いていたのだが、ボーっとしていると地上に出てしまうので注意が必要。地上に出ても左側はJR飯田橋なので忘れ物はソコには無い。もう一度、地下に戻ってB2a出口近辺を探すと・・・

img003

あまり目立たない感じで「お忘れ物総合取扱所」という看板が。

img004

そしてちょっと奥まで進むと私のXperia Z3が待つ窓口が目の前に。
ココには3名ほどの駅員さんが待機されていて、親切丁寧に対応をしてくれる。

まずはスマホの確認と、それを私がロック解除を行って設定画面から自分の番号を表示させ、事前に伝えていた番号と一致するかを確認。確認がとれたら、免許証を提示して無事私の手元に戻ってきた!

img005

最後に受取証にサインをした後、先ほどの遺失物引取払戻証に押印してもらい、今度は「遺失物引取乗車証」をもらう。
遺失物引取払戻証は改札窓口に提示すると現金が払戻され、帰りは切符を買わずに遺失物引取乗車証を窓口に提示するだけで電車に乗ることができる。

届けてくれた人へ感謝です!本当にありがとうございます!

こうして、無事にXperia Z3が手元に戻ってきたのだが、スマホを拾って届けてくれた人に心から感謝です。私が他人のスマホを拾った時に同じ行動ができるかどうか疑問ですけどね。。。

以前、私の奥さんと娘もスマホを電車で落としたことがあったのだが、この時も無事手元に戻ってきた経験があります。(家族で忘れ物取扱所にお世話になるというおっちょこちょい一家です。。。)

日本人ってホントに良い人ばかり。素晴らしい国ですね。

地下鉄構内
twitterのつぶやきチェック
>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG