Wi-Fi接続でカメラの写真データを共有する東芝製SDカード「FlashAir(フラッシュエアー)」を買ってみた。

どうも、先日からついに一眼レフユーザーとなった私です。

関連記事

以前から一眼レフカメラが欲しいなぁ〜と思っていたが、なかなか手が出ない理由で一番大きいのはやっぱり価格ですよね。コンデジと比べると雲泥の差があるじゃないですか。 1万円以下でも買えちゃうコンデジに対して一眼レフって最低でも5万[…]

eos-kiss x-50

一眼レフに限らずデジカメを購入したとなると、必要になるのはSDカードですよね。ですが、通常のSDカードよりはやっぱり、以前紹介したEye-Fi MobiのようにいちいちSDカードを抜き差しせずに撮影した写真をネットワークを利用してスマホやPCで見れるようなSDカードがいいかなぁと考え、いつものようにAmazonで探しまくる。

すると、Eye-fiの類似製品で価格も安めのFlash Airという東芝製のメモリカードを発見しました!

Eye-Fiは撮影したデータ全てを指定した場所へ無線接続で飛ばすのに対し、Flash Airは、スマホやPCからFlash Airへアクセスして必要な画像データを取得するという仕組み。つまり、一眼レフで撮影した後に近くにいるメンバーが、Flash Airへアクセスすることでシェアが可能になるって事。

お勧めできないFlash Air 8GB(Class10)

Eye-fiの8GBが3,900円なのに対して、Flash Air8GBは2,980円。どちらもClass10なので高速データ転送。ということでFlash Air 8GBを購入しちゃいました。

flashair

flashair

無線接続の設定については特に難しいこともなく、最初にFlash AirをPCに接続して専用のソフトで設定を行うだけ。

設定が完了したらあとは通常のSDカードメディアとしてカメラに挿入して撮影するだけです。その後は、Wifiのアクセスポイントを「FlashAir」に変更して、ブラウザで「https://flashair/」と入力すると、撮影した画像を確認、ダウンロードできるっていう仕組みです。

「Flash Air」はマジで止めた方が良い理由

で、EOS Kissでパシャパシャ撮影していると・・・・

flashair

「カードにアクセスできません。カードの入れなおし、交換、またはこのカメラで初期化して下さい。」

ってメッセージが。これがでると、もう何をやってもダメです。もう一回PCで初期化して、再設定を行ってもダメ。カメラの方を初期化してやってもダメ。で、しばらくしてからもう一度試すと、正常に動き出すが・・・数枚撮影したあとはまた同じメッセージが出てくるんです。。。(東芝のサイトでは動作確認済み機種ということで「X50」が掲載されてますが、安定した動作は全くしないです。)

panasonic_sd

まったくもって使えません。買って損しました。東芝へクレームだしたいくらいです。外出先でこんなメッセージが出たらたまったもんじゃないので、結局、余計な機能がついていない普通のSDカードをあらためて購入しました。やっぱりこっちの方が安心して使えます。価格も安いしお得です。

FlashAirのアップデートで改善?

と、酷評だらけのFlashAirではありますが・・・プログラムのアップデートで大分改善がされておりますので再レビューの記事をご覧ください。

関連記事

昨年、買って損した!使い物にならない!とレビューした「FlashAir」。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://geekpost.jp/flashair-review/] この1年[…]

flashair8gb
twitterのつぶやきチェック
     

           

あわせて読みたい!

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG