Appleストア限定販売のAppleWatchソロループバンドが楽すぎたっ!スポーツバンドにはもう戻れません。

  • 2020å¹´12月3日
  • 2021å¹´1月9日
  • AppleWatch

applewatchバンドソロループ

2020年9月に「AppleWatchシリーズ6」、「SE」が発売されました。
シリーズ4でもまだまだ満足しているレベルの私は、ちょっとでもリニューアル感を楽しみたいと、新作と同タイミングでAppleストア限定で販売されたバンド、「ソロループ」を購入してみました。

ソロループは伸縮性のある液状シリコーンゴムで出来ており、AppleWatchの脱着時に輪ゴムを手首に通すように簡単に取り外しができるというスグレモノ。

ソロループバンドのサイズ測定

ソロループは、自分でサイズの調整ができないので、予め手首のサイズに適したサイズを注文する必要があります(余裕を持ったサイズにしてしまうと、心拍数などの測定値に影響がでるためピッタリとしたサイズで購入するようにします)。

まずはApple公式サイトからバンドサイズ測定用シートをダウンロードして写真の様にサイズを測定。

バンドサイズ測定シートを印刷する際は必ず縮尺100%で印刷をします。じゃないと、誤ったサイズを購入することになってしまいます。

私の場合は「6」でしたので、バンドサイズは「6」で購入。(カラーはキプロスグリーン)

AppleWatchソロループバンド

ソロループは思ったよりもちっちゃい。

ソロループとスポーツバンド比較

今まで使っていたスポーツバンドと比較すると、はるかに短い。バンド幅は一緒。

ソロループバンドの長さ

ソロループ(サイズ「6」)の長さとしては14.5センチ。

ソロループを伸ばした場合の長さ

液状シリコーンゴムでできているということで、どれくらい伸縮性があるかを試してみると約19.5センチまで伸びました。およそ5センチほど伸びるので、サイズ測定時のちょっとした誤差なら大丈夫かなって感じです。

AppleWatchソロループ装着

そして、AppleWatchにソロループを装着。
手触りはスポーツバンドと似ていますが、ソロループの方が若干やわらかめの手触りで気持ちがイイ。

AppleWatchソロループを手首に通す

では、実際にソロループを手首に通します。最初、片手だけでできるかやってみましたがさすがに無理。

ソロループを手首に通す

手首を通す際は、結構きつめなので、バンドを引っ張る必要があります。

ソロループ装着

最初はピッタリすぎるかなぁという印象を持ちましたが、慣れればぜんぜん違和感は無しです。

スポーツバンドを使っていたときは、取り外すのは簡単でも手首に付ける時(バックルを穴に挿す時)が面倒でいつもイラッとしてましたが、ソロループだとバンドを引っ張りながら手を通せばサクッとAppleWatchを装着できるのでめちゃくちゃ楽になりました。時間にするとわずか2秒弱。慣れればたった1秒で装着できます。

これはもう、ラクすぎてスポーツバンドには戻れ無いっす。

AppleWatchの最新記事8件