【レビュー】AppleWatchの心電図機能がもの凄かった。シリーズ4以降のユーザーはぜひお試しあれ。

AppleWatchでECG

2021年1月27日に公開されたWatchOSおよびiOSのアップデートによって、ついに日本国内でもAppleWatchで心電図(ECG)の測定が可能になりました。

早速アップデートを実施して心電図の測定を行ってみたのでレポートします。

AppleWatchシリーズ4以降で心電図の測定が可能

心電図対応の機種について

  • AppleWatchシリーズ4以降 WatchOS 7.3
  • iPhone6S以降 iOS 14.4

心電図対応は日本国内の認可が下りなかっただけで、海外では昔(シリーズ1)から出来ていたと思っていましたが、調べたところシリーズ4(2018年)から追加された機能でした。

心電図の設定

iPhoneでの心電図設定

まずはiPhoneのヘルスケアアプリを開いて「概要」から下へスクロールしていくと、今回のアップデートによって追加された「心電図」の説明が表示されるので「設定」をタップして次へ進みます。

iphone側でのECG設定

設定項目としては「誕生日」の登録のみで、あとは心電図の仕組みについての説明を読み進めていくだけ。

心電図測定結果判定の種類について

心電図の測定が終了して表示される判定結果は以下の4種類。

    1. 洞調律
        心拍が一定のパターンとなっていることを意味する。
    2. 心房細動
        心拍が不規則になっていることを意味する。心房細動は不整脈の最も一般的な形態。
    3. 低心拍数または高心拍数
        標準の心拍数よりも低いもしくは高いことを意味する。
        ※ 心拍数が50拍/分より下または120拍/分より上の場合は判定不能となる。
    4. 判定不能
        記録結果を分類できなかったことを意味する。
AppleWatchの心電図測定は、心房細動のチェックや心拍数の表示は可能ですが、心臓発作を見つけることは出来ないとのこと。

iPhone心電図の設定

そして、「最初の心電図を取る」という画面が表示されたら、あとはAppleWatchを使って心電図を測定します。(2回目以降はヘルスケアアプリを開く必要は無し)

AppleWatchで心電図を測定する

AppleWatch心電図App

iPhone側での設定が完了したら、AppleWatch側で「心電図」アプリを起動します。

AppleWatchでECG

そして、指をデジタルクラウンへ触れると心電図を測定しはじめるので30秒そのままの状態に。
途中で指を離すと正しく測定できないので30秒はしっかり指を触れておく必要があります。

心電図の測定結果表示

心電図測定結果画面

30秒経過すると測定結果画面が表示されます。今回は洞調律ということで正常のようでした。

実は、私は昔から心電図が常に異常値となっていて、かかりつけの心臓外科医からは「心電図は一生良くなりません。あなたの場合、心電図をやった時は必ず異常が出るはずです」と言われ続けているのですが、心房細動ではなく、他の異常なのかもしれない。。。今度、かかりつけの病院に行った際には何の異常かをもう一度確認してみます。

iPhone側での結果表示

iphone側に表示されるECG結果

AppleWatch側で測定が終了すると、iPhone側にも自動的に心電図の測定結果が表示されます。

心電図の測定結果をPDF出力

驚くのは、

心電図はすべてiPhone上の”ヘルスケア”Appに保管されます。”ヘルスケア”でこの記録のPDFを作成することによって、医師に渡すこともできます。

なんと医療機関向けにPDFデータを作成することができるっていうこと。

試しにヘルスケアアプリ上から、先ほどの判定結果を開きPDFにしてみたところ・・・

医療機関向け心電図PDFデータ

おぉぉぉぉぉぉーーーなんかスゲェェェェーーー

このグラフの意味が分かりませんが、なんかスゴいです。

AppleWatch、もう手放せません。

AppleWatchの最新記事8件