スタイラスペン「Su-Pen」と極細の「Jot」使い勝手比較

iPadなどのタブレットで手書きメモなどをとる際に重宝するのがスタイラスペン。
以前、スタイラスペンは極細が良いのか、太めが良いのか?で記事にしたように極細タイプの「Jot」を使っていますが、以前から気になっていた「Su-Pen」をついに購入したので使い勝手の比較をしてみたいと思います。

su-pen

このSu-Penは、私が応援しているMetaMoji社が開発したスタイラスペンです。

【開発者のメッセージ】・・・
「すらすら書けて疲れない、紙とペンのようなしっかりとした書き味」を追求することから生まれたSu-Penに妥協という言葉はありません。様々な素材の検討、ペン先形状の変更など膨大な試行錯誤の末に生み出されたペン先やこだわりのペン軸は、現時点での最高を目指して作っています。「気持ちよく書く」ことにこだわり抜いたSu-Penをご愛用いただければ幸いです。

というメッセージを読んだら、書き味に相当期待しちゃいます。

Su-Penは書き味よりもキャップに問題あり?

su-pen

画像のようにキャップはバネのような形状でできていて、指でのばすとビヨーんって伸びますがこれに何の意味があるのかは不明です。

su-pen

一番困るのはこのバネ型のキャップをどこに置くかである。机の上に置いていると、コロコロと転がるし、ペンの逆側に挿そうと思ってもクリップが邪魔してできません。
いったいどこに置いたら良いのだろう???

書き味は評判通り!Jotよりも操作性は上!

Su-Penはさすがにブロガーさんが絶賛するだけあって書き味は最高です。
先端が細めの丸形クッションって感じなのでふわふわするんですが、反応が非常に良く、すらすらと書ける感じがします。

su-penとjot

で、右側の写真が「Jot」で書いているところですが、こちらも書きやすいです。Jotの場合は、プラスチックのような先端が画面にあたるのでタンタンタンっと書いていく感じがしますが、Su-Penはふわふわ、すらすらといった感じです。

個人的にはSu-Penの方が書きやすい気がしますが、これは個人差がありそうです。また、細かい文字や図形などを書く場合はJotの方が断然良いです。Su-Penの先端が細くなったといってもやはり丸形の形状が先端にあるため、書く箇所が見えにくい。
さすがにJotは極細で先端が透明なのでバッチリと書けます。

ただ、手書きだけではなく、アプリの起動や画面を左右にスライド、ホームボタンを押したりなどの操作をスタイラスペンで行うとすると断然「Su-Pen」ですね。

Jotでは反応が悪いので画面操作には不向きです。

Su-Penのここがダメ!

書き味としては最高なんですが、このSu-Penは金属臭がちょっとあるんです。だからしばらく持った後に手のにおいを嗅ぐとちょっとクサイ。。。(あんまり気にならないレベルではありますが。)

あと、ずーっと持っているとちょっと指が痛くなってしまいます。この2点がダメポイントですね。

で、結局使い勝手が良いスタイラスペンはどっち?というと「Su-Pen」かなと思います。

「Jot」も良いんですが、画面上で手書きをしている際に、円盤状の先端がクネクネと動いちゃうんですよね。なのでいちいち向きを合わせて書かないといけないってのがイマイチなポイントです。

Su-Penは3,000円以上もするので購入を踏みとどまっている方もいるかと思いますがスタイラスペンが必要と思うのであればこれは買いだと思います。

 

Su-Penレビュー
twitterのつぶやきチェック
     

           

あわせて読みたい!

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG