マウントアダプタでiPadをサブディスプレイに!Macbookにデュアルディスプレイ環境を。

Mountie

Macbookを使っているとどうしても画面(作業)領域が小さすぎて困ってしまうときがあります。そんな時は、iPadをサブディスプレイにするアプリ「Duet Displayを入れれば画面領域を拡大させることは可能。

ただ、MacbookとiPadの置き場が離れていると目線を動かすのが大変になってくるので、ちょっと疲れる。そこで必要になってくるのがMacbook本体とiPadを物理的に接続させるディスプレイマウントアダプタ

で、今回購入したのはTen One Designの「Mountie」。

ディスプレイマウントアダプタMountie

パッと見、オモチャのようなこのマウントアダプタだが、これがまた結構便利。

Mountieを接続

まずはMacbookのディスプレイ側面にこのMountieのプラスチック部分を開いた状態で差し込み、パチッと閉じる。

ディスプレイマウントアダプタMountie

Macbookへの接触箇所はゴムになっているので本体がキズが付くことは一切無く、ガッチリとホールドされます。

マウントアダプタMountie

そしてもう一方にiPadを接続すればマウント完了。写真を見て頂ければ分かると思うが、ちょっとだけ内側に角度が付いているのがミソ。この絶妙な角度によってiPad側の画面が見やすいようになります。

Macbookをデュアルディスプレイ化


Macbookデュアルディスプレイ

Macbook12インチの本体が軽すぎるため、iPadを支えられるのか心配ではありましたが問題は無かったです。

Macbookとipadでデュアルディスプレイ化

ただ、Macbook側のディスプレイをちょっと倒したり、iPadを指で操作したりしてディスプレイが倒れていくとiPadの重さに耐えきれずキーボードが浮いてしまいます。Macbook PROなどちょっと重めのノートパソコンであればそんな問題は無いでしょうね。

Macbookトリプルディスプレイ

こんな感じで、Macbook+外部モニター+iPadでトリプルディスプレイにすることだって可能。トリプルディスプレイにした場合はMacbookのパフォーマンスが低下してしまうため実際にこの環境で作業を行うのは現実的では無いかも知れません。

Macbookにipadをマウント

個人的にはiPad miniを縦型にマウントさせて、Duet Displayでのデュアルディスプレイ化はせずにiPad側はiOSの画面のままにしておくのが一番使いやすいですね。

サブディスプレイマウントアダプタ
twitterのつぶやきチェック
     

           

あわせて読みたい!

>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG