携帯に便利なセパレートタイプのBluetoothキーボード「BSKBB14」レビュー!

Bluetoothキーボード

iPad、iPad mini、Xperia Z2 Tablet、iPad Air2とタブレットを購入するたびに、Bluetoothキーボードも購入し、今では4つのキーボードが手元にあり、すべて眠っている状態という私。。。

ただ、今回の「iPad Air2」はスペックも高くなったと言うこととiOSの進化によってかなり使いやすくなってきているため、「Bluetoothキーボードを使ってフル活用しようじゃないかっ!」という気になっているところです。

で、昨年購入してそのまま放置状態になっていた「iBUFFALO BSKBB14BK」についてレビューしちゃいます。

関連記事

iPad miniでメールを打ったり、原稿を作成したりしていると「やっぱりちゃんとしたキーボードが欲しい」って思っちゃうんですよね。 画面内にキーボードの画面が表示されると、どうしてもアプリの画面が隠れてしまうのでめんどくさくなっちゃうん[…]

bluetoothキーボード

携帯性バツグンのBluetoothキーボード

iBUFFALO BSKBB14BK

このBSKBB14は、二つ折りにすることができるので、タブレット用のケースやカバンなどに簡単に収納することが可能になっています。上の写真はXperia Z3と並べて大きさを比較していますが、高さはほぼ一緒で、横幅が約1.5cmほどキーボードの方がデカい感じ。そして厚さがちょうどXperia Z3を2つ重ねた感じですね。

重さも230gと軽量化されているので持ち運びをするにはうってつけのキーボードです。

BSKBB14内蔵スタンド

また、このキーボードにはスマホやタブレットのスタンドが内蔵されており、側面にあるスタンドを爪で引っかけて取り出すと・・・

スマホスタンド

こんな感じで簡易的なスタンドができあがります。
スマホやタブレットに装着しているケースがスタンド代わりにならない場合にはかなり便利ですね。

使い勝手がグッドな「BSKBB14」

BSKBB14

このキーボードは全体的にマグネット式で「ピタッ」とくっつくのがとても心地よい感じがします。2つ折りに重ねたときも「ピタッ」。キーボードにするときも「ピタッ」ってくっつきます。

そして、接続部分は、マグネットだけではなく両脇から棒もスライドさせて完全合体させることで外れにくい構造に設計されています。

BSKBB14レビュー

キーボードの側面には「電源ボタン」「Bluetoothペアリングボタン」「USB充電端子」があり、ペアリングボタンを長押ししてタブレット側で接続設定を行うと「○○○○(数字5桁)」+「ENTER」を入力してくださいとメッセージがでるので、その通りにキーボード側で入力をすればいとも簡単に接続が完了します。

BSKBB14レビュー

また、この「BSKBB14」はAndroid・iOS・Windows・MacOSなどの各OSに最適化できるようになっているのもなかなか良い感じです。

キー入力の操作感はどうなのか?コピペも簡単にできるのか?

まずキータッチは良くも無く、悪くも無くといった感じ。キーを押すと「フワッ」とした感じがあるので「カタカタ」といったしっかりとしたキータッチでは無いのでイマイチな感じもしますが、慣れればまったく問題は無いです。

もちろん、頻繁に利用するであろうコピペ関係のショートカット、Windowsなら「CTRL+C(コピー)」「CTRL+X(切り取り)」「CTRL+V(ペースト)」もきちんと対応しています。iOSの場合は「CTRL」ではなく「command」ボタンでイケます。

ただ、どうしても慣れないのが「Y」を入力する時。

BSKBB14

通常、「Y」をタイプするときは右手人差し指ですよね。
その際に写真赤枠の接続部分の間隔がどうしても邪魔になってしまうんです。なので、この「Y」を入力する際は、右手で「T」を入力する気持ちでいかないとダメです。これは結構辛いですよ。「Y」という文字は結構頻繁に利用するキーなので、キーボード中央部分の間隔はとても不便かなって感じます。

あと、個人的に「こりゃダメだ」って思うのは、iPad(iOS)では「F10」キーが機能しないってところ。(これはiOS側の日本語入力システムの問題かも知れない)私の場合、半角英数字を入力する際は「F10」キーを多用しています。(例えば「Android」と入力する際には、日本語入力をONにしたまま「あんdろいd」と入力をして「F10」キーで変換するといった感じ)

以前、多くの友人に「日本語入力をOFFにして半角英数字を入力」「日本語入力をONにしたまま、英語入力をしてF10キーで変換」どちらを利用しているかを聞いたところ完全に二極化したので、いちいち日本語入力をOFFにして英数字入力に切り替える人にとっては問題はないのかもしれないです。

総合的には、過去私が購入したBluetoothキーボードの中ではこのセパレートタイプのBSKBB14が一番使いやすいという印象です。(以前レビューしたXperia向けの「BKC50」も使い勝手は良いのだが、これはAndroid向けのため、iPadではコピペなどのショートカットが使えないなどといった問題がある)

関連記事

前回はXperia Z2 TabletにBluetoothマウスを接続してちょっとだけパソコン化に成功した記事を書きましたが、今回は、ノートパソコン風にするためにBluetoothキーボードとケースを購入したので評価してみたいと思い[…]

BKC50徹底レビュー
Bluetoothキーボード
twitterのつぶやきチェック
>GeekPost

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG