SONY BKC50を改造してXperia Z2 Tablet用レザーケースを自作してみた!

さて、先日Xperia Z2 Tablet用に購入した「Bluetooth Keyboard with Tablet Cover Stand(BKC50)」であるが、このケースがホントダメダメ。持ち歩くのも嫌になるくらいです。

っつーことで、最近はまっているレザークラフトで、このタブレット用のレザーケースを作ってみることにした。

BKC50のケースをバラバラに分解してみる

BKC50がダメダメっていうのは、あくまでもケースであって、キーボードは非常に良いので、ケースだけをレザー化する感じです。



で、まずはBKC50のケース部分でも利用できるパーツがあるので、バラバラにし、底面部分と背面パーツを取り出します。

本革を2種類用意し、レザーケースを作成!


東京の浅草橋に行くと、革の卸問屋があるので格安で手に入ります。今回購入してきたのは、濃紺と青色の本革です。(私の場合、今後もレザークラフトで色々作っていくため、大きめの革を購入し約8,500円といったところです。)





レザークラフト初心者なので、あまりうまくできませんが、こんな感じでキーボードの部分を切り抜いて、2枚の革を縫います。



こちらがキーボードとXperia Z2 タブレット本体を付けたところ。



個人的にはまぁまぁの出来映えです。





厚めの革を2枚重ねていることで、強度が増しタブレット本体を支えることが可能になります。しかも、革なので力を入れてギュッと曲げてあげればある程度角度を調整することは可能です。

まだまだ、初心者の域を超えないレベルですが今のところこれで満足しています。やっぱり自分で作ったモノは愛着がわきますね。

twitterのつぶやきチェック
GeekPost" width="1280" height="768" >

GeekPost

SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。